ビジネスローンランキング

秘書の笑顔

事業資金の借入を検討されている時点で、あなたが法人経営者、または個人事業主(フリーランス含む)の立場であるのは間違いありませんが、どの資金調達方法を選ぶかで今後の事業にも大きな影響がでてくる可能性があります。

まず、事業資金の調達する際に最優先すべきことは不足したキャッシュ(現金)を早く安定させることです。

家計と同じように資金不足の状態では安定した事業を行えなくなりますし、月々の固定費などの支払いも必ず発生してきます。
とにかく資金不足を早急に解決したい時に役立つのが「ビジネスローン」です。

事業を進める上で資金繰りは重要なことであり、自己資本でカバーできない資金に関しては外部から融資を受けるのが一般的です。

日本政策金融公庫からの公的融資、メインバンクなどからの銀行融資で資金調達するのが定石ですが、審査などに時間がかかることもあり、本当に現金が必要なときに融資が間に合わないといったケースもあり得ます。

そんなとき、ビジネスローンを活用すれば、申し込みから数日で融資を受けることも可能であり、一度、カード発行すれば限度額の範囲内で自由に融資を受けることができます。

慢性的に使うというのではなく、緊急時の備えとしてビジネスローンが一枚あると、資金繰りに対する精神的な負担を減らすことにも繋がります。

  • ゆとり融資額の最高1,000万円
  • 来店不要で契約可能
  • 年会費・保証料も無料で維持費0円
実質年率 限度額 審査時間
8.0%~15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%~18.0%(利用限度額100万円未満)
1万円~1,000万円
※新規取引時は上限500万円
最短即日(仮審査)
  • 初回契約で最大45日間は無金利
  • 最短即日のスピード審査
  • カード発行の有無を選択可能
実質年率 限度額 審査時間
9.98%〜18.0% 50万円〜500万円 最短即日(仮審査)
  • 最短60分の審査回答で即日融資に対応
  • 年率6.0%~の低金利ビジネスローン
  • ジャパンネット銀行への即時振込
実質年率 限度額 審査時間
6.0%~17.8% 50万円〜500万円 最短60分
  • 個人事業主さま専用カード
  • 総量規制の対象外
  • WEB明細書で郵送物ナシ
実質年率 限度額 審査時間
6.0%~18.0% 10万円~300万円 1週間程度
  • 最短即日融資に対応
  • 事業資金とプライベートで併用可
  • 初回契約で30日間は無利息
実質年率 限度額 審査時間
6.3%~17.8% 300万円 最短30分

現金のショートを防ぐことの重要性

一般家庭でも現金が少なくなると生活が苦しくなるのと同じように、事業においても資金が足りなくなると安定した事業継続が難しくなります。

特に資金力のない中小企業や自営業では、売掛金などが発生すると入金・出金のタイミングのズレで資金不足に陥ることは大いにあり得ることです。

事業を継続する上で必要な資金としては、事務所の家賃や水道光熱費などのインフラ・設備系のもの、また、卸業などでは在庫の仕入れ金にはまとまった資金も必要ですし、従業員を雇用していると月々の給与支払いなどもあるでしょう。

事業主の笑顔
毎月ではないけど取引先からの入金タイミングによって支払い分の現金が不足するケースもあるので事前にシッカリと準備しておく必要があるんだ。
従業員へのボーナス支給などの季節・時期によって必要になってくる出費があるときは特に注意が必要だね。

事業が安定して利益を得るまでに時間がかかる事業においては尚更、ゆとりある資金を持っておかなくてはなりません。

本来なら起業した段階でさまざまな出費を想定して貯金などで備えておく必要がありますが、実際に事業スタートしてからでないとリアルな資金の流れは分からないものです。

資金不足に陥る原因としては、取引先がいる事業であれば先方の都合で変わることもあるでしょうし、想定していた以上に売上が安定するまで時間がかかってしまうことも十分に考えられます。

ビジネスローンの利点は圧倒的な融資スピード

メガバンクをはじめとする銀行から提供されているビジネスローンもありますが、銀行から事業融資を受けるなら通常の窓口での銀行融資が一般的です。
主にビジネスローンというと消費者金融や信販会社などのノンバンクが提供するサービスを指すことが多いです。

ノンバンク系のビジネスローンの特徴としては、融資事業をメインとしていることからも柔軟な融資対応に尽きます。
その柔軟な融資対応が現れている代表的なものが、申し込みから融資までにかかる時間の早さ、すなわち融資スピードです。

銀行融資では審査基準が高いのは言うまでもありませんが、融資実行までに時間がかかるデメリットがあります。
ビジネスローンと比べて必要な書類も多いので準備に時間がかかる上、銀行側においても支店内で稟議や審査を進めるために時間がかかるのです。

ビジネスローンは倒産や事業撤退を回避させる対策のひとつ

急ぎで資金調達したいのに融資を受けるまでに時間がかかってしまっては本末転倒ですが、ビジネスローンであれば最短で即日~数日以内に資金調達することもできます。
ただ、ビジネスローンは銀行などの金融機関が行う融資に比べるとどうしても金利が高いというデメリットもあります。

事業に対する信頼性や安定した事業所得がすでにあるのであれば、少しでも低金利で借りることができる銀行融資の活用が望ましいでしょう。

もともとビジネスローンは限度額が300万円程度から500万円程度とするところが多く、大手のビジネクストで最大1,000万円に対応してもらえるという規模です。
そのため、ビジネスローンは設備投資などを含めた高額融資には向いておらず、短期間での少額融資をベースとする特性を持っていると言えるでしょう。

困ったときの一時的な資金調達などに大きな助けとなるのがビジネスローンです。

関連記事