おすすめファクタリング会社

ファクタリングは売掛債権を現金化するサービスであることから、新たに融資を受けるのは全く異なります。

売掛債権があるのは、すでに取引先に請求して売上としても計上できる見込みがあります。

通常であれば放っておいても支払い期日までには現金として入金されますが、その取引先からの入金前に売掛債権を現金化できるのがファクタリングの仕組みです。

2社間ファクタリングのイメージ

2社間ファクタリングのイメージ

事業の規模の大きさに関わらず、入金と出金のタイミングのズレは必ず起こりうるので、支払い期日までに現金が不足したりするケースも十分に考えられます。

特に支払いサイト(取引代金の支払期日までの期間)が長いのであれば、日頃から資金調達に注意しておかなくてはなりません。

資金不足には、金融機関から融資を受けるという方法もありますが、実際に融資実行までにかかる時間を要します。

ファクタリングであれば、融資による資金調達ではないため、売掛債権があれば最短即日から数日で現金化することもできます。

  • 100万円~3億円の幅広買取額
  • 最短即日での現金化に対応
  • 赤字でも売掛金の買取可能
買取限度額 現金化までの時間 買取タイプ
100万円~3億円 最短即日 2社間/3社間
  • 最短2日で売掛金を現金化
  • 業界最安1.5%~の手数料
  • 売掛先に内緒で資金調達が可能
買取限度額 現金化までの時間 買取タイプ
50万円~3,000万円※企業規模・取引年数によって例外あり 最短2日 2社間/3社間

ファクタリングでの現金化メリット

・借金ではないので返済の必要なし
・赤字でも利用可能
・最短即日で現金化

ファクタリングの大きな特徴は売掛債権の現金化となる仕組ということもあり、赤字決算でも利用に問題はありません。
売掛債権となっている段階で、後に入金が見込めている状態であることから、ファクタリング会社が代替として少し早く現金化しているだけだからです。

その性質から返済能力などといった融資の審査基準とは異なり、スピーディーな現金化を実現しているのです。

もちろん、メリットだけでなく、ファクタリングでは、売掛債権との同額を現金化できない点はデメリットもあります。
そこには掛金や手数料といったものが差し引かれるからです。

ただ、それ以上のファクタリングのメリットの方が大きく、特に債権の未回収リスクの回避はファクタリング利用における重要ポイントだと言えるでしょう。

小規模事業や個人事業などでは、取引先の都合で見込んでいた売上が入らなかったり、また、入金日までに資金繰りが上手く回らなくなるとなると事業継続が困難に陥ることもあります。

サービスや商品は納品したけど、取引先からなかなか入金されずに困るケースも大いにあるでしょう。

そんなときにファクタリングを活用すれば、100%ではなくても現金化することができるので債権の未回収になるといったリスクを回避することができます。

最短即日で現金化できるファクタリング

本来、法人や自営業が、日本政策金融公庫や銀行から資金の融資を受けることになると必要書類や審査で融資実行までに数週間~場合によっては1ヶ月以上かかることもあります。

秘書の笑顔
もし、急ぎで資金調達をしたい場合に数週間も待たされると事業安定させることが困難にもなります。
そんな時は限度額は比較的少なめですが、最短で数日で借りれるビジネスローンでの資金調達も検討すべきです。

銀行融資に比べて高金利となるビジネスローンですが、短期間の借り入れや売掛金があまりない場合の資金調達におすすめです。

緊急性の高い資金調達や少額資金の調達であればビジネスローンでの対応をおすすめしますが、銀行融資や公的融資も同じようにあくまでも借り入れとなるため、その後も利息を上乗せして返済していく必要が出てきます。

ファクタリングで売掛金を現金化しても、借り入れした資金ではないため、返済義務などはありません。
たとえ、ファクタリング後に売却した売掛先の企業が不渡りをしても、ファクタリング会社が債権回収を行ってくれるので立て替え義務も発生しません。

関連記事