年会費無料で所持できる三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックとは

更新日:2018/09/27
このエントリーをはてなブックマークに追加

三井住友ビジネスフォーオーナーズ公式サイト

三井住友ビジネスカード for Owners(フォーオーナーズ)クラシックは、三井住友カードが発行する、個人事業主向けクレジットカードです。

クラシックの他にもゴールド、プラチナの3つのグレードがあり、それぞれ年会費や特典が異なります。

プライベートの利用とビジネスの利用を使い分けたい方におすすめなのが法人クレジットカード(法人カード)。三井住友カードが発行する法人カードは、このほかにも三井住友ビジネスカードがあります。

名前に「for Owners(フォーオーナーズ)」がつくだけではなく、個人事業主の方も申し込みができたり、決済口座を個人名義口座に設定できたりと、サービスが異なります。

今回は、三井住友ビジネスカードがいったいどんな法人カードなのか解説していきます。

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックは年会費が無料?

三井住友ビジネスカード for Ownersの大きな魅力として、年会費無料で持つことができる法人カードという点があげられます。

ただし、だれでも年会費無料という訳ではありません。

インターネットから申し込みをすること
マイ・ペイすリボに登録し、1年の間に1円でもリボ手数料が発生すること

この2つの条件をクリアできれば無料になります。

マイ・ペイすリボとは、三井住友ビジネスカード for Ownersでの支払いが自動的にリボ払いになる支払い方法です。

三井住友ビジネスカード for Ownersのリボ払いは、1回目の支払いにリボ手数料はかからないので、1度だけ利用して以降は一括で支払っていけば余計な手数料がかかりません。

手間のかかるやり方ではありますが、こうすることで年会費を無料で法人カードを持つことができます。

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックの10の特長

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックには、10個の特長があります。

ETCカード

ETCカードが初年度無料、2年目以降も1度でも利用すれば継続して無料で使用できます。

年会費の必要なカードも多い中、無料で作成できるメリットは大きいです。

海外旅行傷害保険

海外出張などで起こるアクシデントに対して、最大2000万円の傷害保険がついています(海外旅行傷害保険については後述いたします)

ショッピング補償

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックで決済し、購入した商品の破損、盗難による損害を購入日+購入日翌日から90日間、年間最大100万円を補償してくれます。

ただ、クラシックカードの場合は、海外で利用した場合のみとなります。

ワールドプレゼント

「ワールドプレゼント」は三井住友カードの利用に応じて貯まるポイントを、景品や他社のポイントと交換できるサービスです。

三井住友ビジネスカードでは、ポイントのキャッシュバックとiDへのチャージはできませんが、三井住友ビジネスカード for Ownersでは可能です。

ビジネスサポートサービス

三井住友ビジネスカード for Ownersを利用して優待価格で利用できるサービスが4つあります。

アスクルサービス

オフィスに必要な備品を即座に取り寄せることができるアスクルを利用できます。

DHLエクスプレス

世界220以上の国と地域をカバーする輸送サービスDHLエクスプレスを、日本初の荷物に限り優待価格で利用できます。

日産レンタカー/タイムズカーレンタル

優待価格で全国どこでも日産レンタカー、タイムズカーレンタルを利用することができます。

アート引越センター

転勤時の社員の引っ越しや、オフィス移転時の引っ越しなどを、アート引越センターが割安価格でサポートしてくれます。

カードご利用代金WEB明細書サービス

次回お支払い金額の確定をメールで知らせてくれる他、WEB上で常に明細を確認できます。

明細書のペーパレス化ができ、個人情報をそのまま破棄してしまう心配もなくなります。

三井住友カードiD

iDのマークがあるお店で利用できる、チャージ不要の電子マネーです。

後払い方式で、サインもいらないため、少額の買い物ならこちらが便利です。

福利厚生代行サービス

今なら月320円/名~の会費で約140万の優待施設を使い放題。

施設も国内外数1000ヶ所。契約宿泊施設やスポーツジム、人間ドッグや英会話スクールなど。

カード裏面に会社名

個人名義の口座でも申し込みできるにもかかわらず、カード裏面左下にはしっかりと会社名を印字してもらえます。

ICチップ搭載

高度な暗号化技術によってセキュリティ性を強化。偽造が困難なうえに、不正利用も未然に防止できます。

国内外の出張をサポートする3つのサービス

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックには、国内外の出張をサポートする3つのサービスがあります。

プラスEXサービス

プラスEXサービスは、東海道新幹線(東京~新大阪間)のネット予約とチケットレス化ができるサービスです。

駅の窓口できっぷを受け取る必要がなくなり、スムーズな乗り降りが可能になります。

海外旅行傷害保険

10個の特長でも紹介しましたが、海外にかぎり最大2000万円の海外旅行傷害保険サービスがついています。

怪我はもちろん、病気、賠償責任、携行品被害と幅広く対応してくれます。

ただし、事前に旅費などを三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックで支払っておく必要があります。

航空券チケットレス発券サービス

航空券チケットレス発券サービスは、ANA・JALの国内航空券をチケットレス予約、発券をすることができます。

プラスEXサービス同様に、スムーズな乗り降りを可能にしてくれます。

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックのポイント制度とは

三井住友ビジネスフォーオーナーズ_ポイント

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックでは、利用に応じて獲得したポイントを、「ワールドプレゼント」にて景品に交換、または他社のポイントに交換することができます。

法人カードでは、個人向けカードとは違ってポイントが貯まらないものもありますが、三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックであれば、1000円(税込)ご利用ごとに1ポイント獲得できます。

ポイントは「Vpass」で管理可能。有効期限はポイント獲得月から2年間になります。

三井住友ビジネスカードforOwners_ポイント移行ができるもの

他社のポイントに交換できるサービスは、通常の三井住友ビジネスカードにはないお得なサービスなので、充実したポイントサービスを受けたい方にはおすすめです。

交換できるポイントは、楽天スーパーポイントやnanacoポイントなど多岐にわたります。

ポイント交換以外にも、素敵なグッズや商品券へ交換、キャッシュバックサービス、オンラインギフトカードに交換、ふるさと納税ができるなどでポイントは有効活用できます。

ポイントボーナス

三井住友ビジネスカードfor Owners クラシックで貯まるポイントは、利用額に応じて還元率がアップしていきます。

・利用額300万円以上:50万円で150ポイント/以降10万円ごとに30ポイント(還元率0.65%)
・利用額100万円以上300万円未満:50万円で75ポイント/以降10万円ごとに15ポイント(還元率:0.575%)
・利用額50万円以上100万円未満:50万円で50ポイント/以降10万円ごとに10ポイント(還元率:0.55%)

 

さらにお得なポイントの貯め方

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックでポイントをお得に貯めるには3つのコツがあります。

まずは、マイ・ペイすリボに登録しましょう。

マイ・ペイすリボに登録してカードを利用すれば、2倍のポイントを獲得することができます。

冒頭でもお伝えしましたが、マイ・ペイすリボに登録し、リボ手数料が1円でも発生すれば、年会費がむりょうになるので、登録しておいて損はありません。

つづいて、ココイコに事前にエントリーしましょう。

ココイコとは、事前にエントリーしてから街でカードを利用すると、ポイントが倍増したりキャッシュバックの特典があるお得なサービスです。

大丸百貨店やタカシマヤ、東急ハンズなどが加盟しており、これらのショップではポイント3倍+キャッシュバック1%の特典があります。

3つ目のコツは、ポイントアップモールを利用することです。

ポイントアップモールには、Amazonや楽天市場、ヤフーショッピングも含まれているので、会社の備品や消耗品をネット注文する時は、ポイントアップモールに提携しているショップを利用して、お得にポイントを貯めていきましょう。

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックと三井住友ビジネスカードクラシックの違い

個人事業主でも申し込みができる三井住友ビジネスカード for Owners。

通常の三井住友ビジネスカードと比較するとメリットも多いですが、デメリットもあります。

法人の代表者の方も申込できますので、両者を比較したときのメリットとデメリットを確認しておきましょう。

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックのメリット

法人向けの三井住友ビジネスカードクラシックと比べると、三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックには7つのメリットがあります。

【7つのメリット】

  • インターネット入会で初年度無料
  • ~50万円キャッシングリボが利用できる(実質年利15%)
  • 支払方法が5種類(1回払い、リボ払い、分割払い、2回払い、ボーナス一括払い)
  • 個人名義の口座でも決済できる
  • 支払日が選べる(15日締め翌月10日支払いまたは末締め翌月26日支払い)
  • 追加カードの種類が豊富(ETC、iD、Apple Pay、プラスEX、PiTaPa、WAON)
  • 他社へのポイント移行やキャッシュバック、マイレージ移行ができる

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックのデメリット

メリットが多い一方で、三井住友ビジネスカードクラシックと比較すると、三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックは2つのデメリットがあります。

【2つのデメリット】

  • 一枚のカードで、一枚のETCカードしか作れない
  • カード利用限度額が10万円~80万円と少ない

カード発行までの期間

三井住友ビジネスフォーオーナーズ_申し込み方法

三井住友ビジネスカード for Ownersは、個人事業主の方も申し込みが可能なことから、カード発行までの期間は比較的短い部類に入ります(公式サイトでも、設立間もない企業さまにもご入会いただいておりますとあります)。

インターネットで申し込むと、初年度年会費が無料になりますので、必ずオンライン申込を利用してください。

オンラインで申し込んでから1週間ほどで申込書が届き、審査からカード発行までに2週間。つまり、申し込みからおよそ3週間でカードが手元にやってきます(審査によっては前後します)。

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックはこれから事業を始める個人事業主の方におすすめ

個人事業主の方も、個人名義の銀行口座を決済口座に指定して申し込みができるのが三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックです。

マイ・ペイすリボに登録することで、年会費無料で所有することができるので、これから事業を始めようとする個人事業主の方にとてもおすすめしたい一枚です。

ただし、グレードがクラシックのままでは、利用限度額が10~80万円と低めに設定されているので、事業が軌道に乗り出したのならゴールドやプラチナにグレードを変えていくことも検討してください。

三井住友ビジネスカード for Ownersクラシックの基本情報

申込資格 満20歳以上の個人事業主もしくは法人代表者の方
(従業員の方はパートナーカードを発行します)
必要書類 代表者個人の本人確認書類のみ
ポイントサービス名 ワールドプレゼント
ポイント付与率 0.5%
入会金 無料
年会費 1250円+税(オンライン申込で初年度無料、マイ・ペイすリボに登録・利用で翌年度以降年会費無料)
発行時間 3週間
提携ブランド Visa
Mastercard
※追加料金250円で両ブランドの発行が可能(利用額は合算)
限度額 10~80万円
支払い方式 口座振替
キャッシング(年率) キャッシングリボ実質年利15%、海外キャッシュサービス実質年利18%
金融機関名 三井住友カード株式会社
住所 東京都港区海岸1-2-20 汐留ビルディング
このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事