2019/08/22

ポイントをマイルにするお得方法

経営者にとって、どの法人カードを利用するかというのは、重要な選択になります。

選んだ法人カードのポイント還元率や、貯めたポイントを何に使うことができるかによって経費の節約に直接繋がるためです。

海外出張の多い会社であれば、法人カードで貯めたポイントを、直接航空券が購入できる「マイル」に変えることができれば嬉しいですよね。

経費の支払いでマイルが貯まれば、貯めたマイルを利用することで移動にかかる経費を大幅に削減できます。

今回は、貯めたポイントをマイルに交換できる法人カード「アメリカン・エキスプレス・ ビジネス・ゴールド・カード(以下アメックスビジネスゴールドカード)」の特徴と、マイルへの交換の仕方、付帯サービスについて解説していきます。

アメックスビジネスゴールドカードは、年会費が31,000円(税抜)と、年会費が高額なカードです。
しかし、そのマイル還元率にはそんな年会費を上回る高いメリットがあります。

まずは、アメックスビジネスゴールドカードの特徴から見ていきましょう。

アメックスビジネスゴールドカードの特徴

アメックスが提供する法人カード、「アメックスビジネスゴールドカード」は貯めたポイントをマイルに交換できる法人カードの一つです。
アメックスビジネスゴールドカードの他に貯めたポイントをマイルに交換できるカードは以下の9種類です。

ポイントをマイルに交換できる法人カード アメックス・ビジネスカード
アメックスビジネスゴールドカード
アメックス・ビジネスプラチナカード
ANA JCB法人カード
オリコEX Gold for Biz
楽天ビジネスカード
JCB一般法人カード
ダイナースビジネスカード
セゾンプラチナビジネスアメックスカード
三井住友ビジネスカード for Owners

貯めたポイントをマイルに交換できる法人カードの中でも、アメックスのビジネスカードは、ポイント還元率が最高3%というトップクラスのポイント還元率をもっています。

ポイントを貯めるには?

アメックスビジネスゴールドカードを利用した支払いのポイント還元率は1%、貯まったポイントの有効期限は3年となっています。
ポイントの有効期限が切れる前にアイテムに交換、もしくはマイルに移行、またはカードご利用後の代金に利用するように心がけましょう。

では、アメックスビジネスゴールドカードの最大ポイント還元率を得るにはどうすれば良いのでしょうか?

答えは「メンバーシップ・リワード・プラス」に参加することです。

では、メンバーシップ・リワード・プラスとは何かを、説明します。

メンバーシップ・リワード・プラスに参加することでよりお得に

年間参加費3,000円(税別)の「メンバーシップ・リワード・プラス」に参加すると、参加費無料のボーナスポイントプログラムに登録することができるようになります。

ボーナスポイントプログラムに登録していると、対象加盟店・サービスでアメックスビジネスゴールドカードを利用した支払いの際のポイント還元率が3%になり、貯まったポイントの有効期限も無期限になります。
また、メンバーシップ・リワード・プラスに参加しているかによってポイントからマイルへの移行レートも変わって来ます。

貯めたポイントをマイルに移行するつもりであれば、メンバーシップ・リワード・プラスには必ず参加しておきましょう。

「え、カードの年会費とは別にまたお金がかかるの・・・?いやだなあ。」
と思うかもしれませんが、ボーナスポイントプログラムの対象加盟店を利用することで、年間参加費を差し引いてもお得になる可能性があります。

では、対象加盟店はどのようなものがあるのか、見てみましょう。

ボーナスポイントプログラムの対象加盟店・サービス一覧

対象加盟店 サービス
Yahoo! JAPAN ヤフーショッピング
ヤフオク!(Yahoo!かんたん決済)
ヤフー官公庁オークション
iTunes Store / App Store iTunes Store
App Store
iBooks
Apple Music
JAL公式ウェブサイト JAL国内線・国際線航空券
JALPAK国内・海外ツアー商品
H.I.S公式ウェブサイト 海外航空券
事前決済となる海外ホテル
海外航空券+ホテル(セット販売)
海外パッケージツアー
海外オプショナル・レンタカー
アメリカン・エキスプレス・トラベルオンライン アメリカンエキスプレスカード会員専用国内航空券
海外航空券
Amazon.co.jp Amazon.co.jp
Amazonマーケットプレイス
Kindle本
Amazon Business

会社の備品等を購入する際にヤフーショッピングやAmazon、出張や移動で飛行機を利用する際にはJALやH.I.S、アメリカン・エキスプレス・トラベルオンラインを利用することによって、ポイント還元率3%でアメックスビジネスゴールドカードを利用できます。

ポイントはマイル交換がお得

アメックスビジネスゴールドカードを利用してポイントが貯まったら、マイルに交換しましょう。

アメックスビジネスゴールドカードで貯めたポイントは、ANAをはじめ15の航空会社のマイルに移行することができます。
ポイントからマイルへの移行レートと、移行方法はANAかそれ以外の航空会社かで変わって来ます。

ただし、注意が必要なのは、ANAのマイルにポイントを移行する場合、1年の間に移行できるのは、40,000マイルまでというところです。

では、それぞれのポイントからマイルへの移行レートを見ていきましょう。

貯めたポイントをANAのマイルに移行する場合

アメックスビジネスゴールドカードで貯めたポイントをANAのマイルに移行する場合は、年間参加費5,000円(税別)の「メンバーシップ・リワード・ANAコース」に登録が必要になります。

さらに、貯めたポイントのマイル移行率は、メンバーシップ・リワード・プラスに登録していれば100%、登録していなければ、50%となります。

メンバーシップ・リワード・プラスへの登録の有無で、1,000マイルを得るために必要なポイントの差が以下の表でわかります。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録済の場合 1.000ポイント=1,000マイル
メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の場合 2,000ポイント=1,000マイル

100,000ポイント貯まっていた場合、メンバーシップ・リワード・プラスに登録の有無で50,000マイルの差がでることになります。
50,000マイルあれば、どのシーズンでもハワイと日本を往復できます。

何度も言いますが、ポイントをマイルに交換するのであれば、メンバーシップ・リワード・プラスに登録は必須でしょう。

貯めたポイントをANA以外の航空会社のマイルに移行する場合

まずは、アメックスビジネスゴールドカードで貯めたポイントを、マイルに移行できる航空会社を見てみましょう。

ポイントをマイルに移行できる航空会社 ・チャイナエアライン
・デルタ航空
・ヴァージンアトランティック航空
・タイ国際航空
・キャセイパシフィック航空
・シンガポール航空
・ブリティッシュ
・エアウェイズ
・スカンジナビア航空
・アリタリア-イタリア航空
・フィンランド航空
・エティハド航空
・エミレーツ航空
・カタール航空
・エールフランス/KLM航空

アメックスビジネスゴールドカードで貯めたポイントは、ANA以外だと14航空会社のマイルに移行することができます。

これだけ航空会社があれば、ほとんどの主要な都市にはフライトができますね。

では、次は貯めたポイントのマイルへの移行レートを見てみましょう。

ANA以外の航空会社のマイル移行レート

アメックスビジネスゴールドカードで貯めたポイントのマイルへの換算率は、メンバーシップ・リワード・プラスに登録済の場合で80%、未登録の場合は50%です。

メンバーシップ・リワード・プラスへの登録の有無で、1,000マイルを得るために必要なポイントの差が以下の表でわかります。

メンバーシップ・リワード・プラスに登録済の場合 1,250ポイント=1,000マイル
メンバーシップ・リワード・プラスに未登録の場合 2,000ポイント=1,000マイル

100,000ポイント貯まっていた場合、メンバーシップ・リワード・プラスに登録の有無で30,000マイルの差がでることになります。

30,000マイルあれば、チャイナエアラインで台湾と日本を往復することができますよ。

付帯サービス

貯めたポイントをマイルに交換できるということは重要ですが、普通のカードとしての機能や付帯サービスにメリットがなければ本末転倒です。

アメックスビジネスゴールドカードには、空港ラウンジの利用はもちろん、様々な付帯サービスがあります。

アメックスビジネスゴールドカードの会員になることで得られる付帯サービスの中でも、特に便利なものを4つ紹介します。

・手荷物ホテル当日宅配サービス
・手荷物無料宅配サービス
・最高1億円の海外旅行傷害保険は家族にも適用される
・24時間のオーバーシーズ・アシスト

では、それぞれ詳しく説明していきます。

手荷物ホテル当日宅配サービス

手荷物ホテル当日宅配サービスとは、出張に出かけた際に駅から手荷物1つを対象エリア内の宿泊ホテルに、当日無料配送してくれるサービスです。

現在このサービスを利用できるのは、東京駅、新宿駅、博多駅です。

このサービスを利用すると出張先で大きな荷物を持ち歩くことも、荷物を預けるコインロッカーを探すことも必要なくなります。

手荷物無料宅配サービス

手荷物無料宅配サービスとは、海外出張の際の出発・帰国時にカード会員1名につきスーツケースを1つ、自宅や空港へ無料で配送できるサービスのことです。

現在このサービスを利用できるのは、羽田空港、成田国際空港、中部国際空港、関西国際空港です。

空港に送る際は、7日前までに予約が必要で、宅配業者が自宅まで集荷に来ることになります。
その際に送ったスーツケースは、対応している空港で受け取ることができます。

また、逆に空港から自宅に送ることもできますので、このサービスを利用することで、重いスーツケースを持った状態での空港や自宅までの道のりを気にしなくて済むことになります。

海外出張用の大きなスーツケースを持って満員電車に乗る必要もなくなりますね。

最高1億円の海外旅行傷害保険は家族にも適用される

アメックスビジネスゴールドカードは、海外旅行傷害保険の補償金額が最大で1億円となっています。
また、この保険は会員の家族にも適用されるため、海外で何かトラブルがあった際に役に立つことがあります。

ただし、会員の家族の場合は最大補償額が1,000万円となります。

24時間のオーバーシーズ・アシスト

海外の出張先での、レストラン選びや旅程変更、病気、ケガ等の際に、日本語で24時間年中無休でサポートしてくれます。

ゴルフ場選びにも対応してくれるようなので、勝手のわからない海外出張の場合は、頼れそうですね。

キャンペーンで更にお得に

現在、アメックスは、公式サイトでアメックスビジネスゴールドカードに入会後、1年以内に200万円(税込)以上カードを利用すると、30,000ボーナスポイント貰えるキャンペーンを行っています。

個人だと200万円も使うのは難しいかもしれませんが、会社の公共料金や経費も含めるとなれば話は別です。

アメックスビジネスゴールドカードに入会して1年間はすべての支払いをアメックスビジネスゴールドカードまとめて、ボーナスポイントを利用しましょう。

口コミ

口コミのイメージ画像

「良いところはわかったけど、実際どうなの?」
と思う人もいるでしょう。

実際にカードを作るとなると、年会費31,000円(税抜)のカードに申し込むのには勇気がいりますよね。
そんな、不安を解消するためにアメックスビジネスゴールドカードを利用している人の実際の口コミ、レビューを見てみましょう。

今回は良い口コミと悪い口コミを2つずつ載せています。

良い口コミ

アメックスビジネスゴールドカードの良い口コミを2つ紹介します。

・マイルがかなり貯まる
・ステータスが高く付帯サービスも便利

では、それぞれ詳しく解説していきます。

マイルがかなり貯まる

個人事業で毎月平均40万円前後利用しています。
カード発行時の限度額は80万円でしたが、売り上げの大きい月で仕入れが膨らむ時は柔軟に対応してくれました。
一度事業収入の内訳の書類等も求められましたが、その後一年利用で限度額は300万円まで上がり、マイルも8万近く貯まりました。
デスクの対応も良く、親身にしてくれます。
ビジネスの心強い味方で、末永く利用できるカードと個人的に思います。

会社の経費の支払いと個人の買い物とでは、ポイントの貯まり方がまるで違いますよね。
8万マイルあれば、混雑するシーズンでなければハワイ往復を二回もできます。

ステータスが高く付帯サービスも便利

有名なビジネスカードだけあって、仕事に使えるサービスが非常に充実しています。
個人事業主や歯科医、そして法人など、経営者の方が持つイメージのビジネス向けのカードなので、ステータスは他のカードよりも高いと思います。
実際に、他人に見せるとすごいと言われたことがありました。
また、アメックスは海外やダイニングに強いので、海外出張時の航空券やホテル、取引先との接待時のレストランの予約などで威力を発揮するカードなので海外によく行かれる方にもおすすめのカードです。

アメックスはビジネスマンの憧れとも言われているカードなので、持っているだけで自慢になる場面もあるようです。

また、空港ラウンジなどの付帯サービスも充実しているため、色んな場面で活用できますね。

悪い口コミ

アメックスビジネスゴールドカードの良い口コミを2つ紹介します。

・自分が選ぶかはわからない
・利用できる加盟店が少ない

では、それぞれ詳しく説明していきます。

自分が選ぶかはわからない

会社から支給されたコーポレートカードとして使用しています。
特に海外旅行の補償が気に入っています。現地でのサポートもいざという時は役に立ちそうです。
また、使用履歴がデータとして管理できるので、会社は重宝しているようです。
その他の場面では特に優位性は感じません。
年会費が高いので、個人で入るかどうかは他のカードとの特典を比べてからの方がいいですね。

やはり、ゴールドカードなので年会費はそれなりにします。
ただし、ポイントをマイルに変えたいのであれば、アメックスのカードがオススメなのは間違いないです。

利用できる加盟店が少ない

仕事の関係でアメックスカードを利用し、かれこれ20年が経ちます。
やはりアメックスを選ぶ理由は、ステータスの高さ,持つ喜びなどの部分が多いと思います。
また空港でのラウンジサービスなどでも、持っていてよかったと思う部分が多いです。
反面利用できる加盟店はもう少し整備されたほうがいいとおもいます。

付帯サービスにはかなり満足されているようですが、加盟店が少ないとのことです。
基本的なカードの性能の部分ですね。

まとめ

法人カードは、個人カードと違って会社で使う公共料金や経費の支払いにも利用できます。
会社と個人では使う金額も大きく違うため、ポイントの貯まりやすさも違います。
上手く利用することで、毎年年末には経営者がマイルでハワイ旅行なんてこともできるかもしれません。

また、メンバーシップ・リワード・プラスに登録しておくことで、ポイントの有効期限がなくなり、長い期間ポイントを貯め続けることができます。
五年間貯め続けて、五年後にはマイルを使って家族全員でハワイ旅行なんてこともできそうですね。
速い段階で作れば作る程、ポイントを貯める期間が長くなるため、得になります。

あなたもこの機会にアメックスビジネスゴールドカードを作ってみてはいかがでしょうか。

関連記事