みずほ銀行カードローンの特徴とは?申し込みから金利まで徹底解剖

更新日:2018/09/26
このエントリーをはてなブックマークに追加

大口融資と低金利という両面のメリットを兼ねそろえているのが「みずほ銀行カードローン」です。

みずほ銀行は言うまでもなく日本を代表するメガバンクの一つであることからも、提供するサービスの信頼性に関してもお墨付き。

ただ個人向けのカードローンとなるので借入したお金も事業性を目的とする使い方はできません。

うまく資金をまわすためには低金利の特長を活かして個人範囲での出費はみずほ銀行カードローンで調達して、できるだけ多くの事業所得を事業資金にまわすという使い方がオススメです。

限度額1,000万円の大口融資に対応

カードローン業界のトップクラスにもなる最大800万円の融資限度額の枠を誇るみずほ銀行カードローンですが、限度額を高額にするには、当然それなりの所得があることが条件となります。

会社員などの個人に比べても所得が大きくなる可能性を秘めているのも経営者・自営者の魅力の一つ。

しかし、借りたい希望額があるけどカードローンが対応していない範囲では何の解決にもなりません。

複数社からの借入をするよりも一社と長い付き合いをして信頼関係を築くことがカードローンを上手く利用できるテクニックの一つとも言えます。

最初は少額であっても利用実績を積み上げていくことで利用者に対する信頼度も高まります。

そして信頼が高まってくると限度額の増額、それに連動して適用金利の引き下げもされることになります。

みずほ銀行カードローンのように限度額と金利の両面で優れているカードローンを最初に選ぶことは長期目線で考えたときにもメリットが大きいと考えられます。

自営者も申し込みができるカードローン

日本貸金業協会のアンケート調査でも所得(年商)が高くても資金の借入をしているという事業者の方は多いというデータもあります。
日本貸金業協会【調査・分析レポート等※平成28年度】

もちろん、設備資金などを目的とする借入もあるとは思いますが、自営業・個人事業主としての借入の割合が多いと言う点には注目です。

事業資金としてはビジネスローンを活用することになりますが、生活費などの個人資金に関しては銀行カードローンの方が低金利なので上手く使い分けされることをオススメします。

自営業など小規模事業を営むからこそ困った時にすぐに資金調達できる体制を作っておくことが重要であり、低金利と大口融資に対応できるみずほ銀行カードローンなら自営者の方にとっても頼れる借入先のひとつになると言えるでしょう。

口座開設が必須で急ぎ融資には不向き

銀行カードローンによく見受けられる条件ですが、振込融資や口座振替には自行の口座であるという条件を設けている銀行があります。

みずほ銀行もその一つの銀行であり、口座開設をすることがカードローン利用の条件となります。

すでに口座を持っているのであればスムーズな手続きができますが、口座開設を同時にするとなるとカードローン利用をするまでに日数がかかってしまいます。

というのも、口座のキャッシュカードにキャッシング機能をヒモヅケするのが、みずほ銀行カードローンの特徴でもあります。
※カードローン専用カードの選択も可能

キャッシュカード一枚に集約すれば周囲からはカードローンとは気付かれにくくなりますが、そのメリットがある一方でカード発行までの時間がどうしてもかかることになります。

実際にどれぐらいの時間がかかるのか、みずほ銀行カードローン専用ダイヤルに問い合わせすると、「口座がない場合は、申し込みからカード郵送まで7日から10日はかかると思われます。」という回答でした。

近くの支店の店頭窓口で急ぎである旨を伝えたうえで、口座開設とカードローンに同時申し込みすることで早めの手続きに協力してもらえるとのことです。

みずほ銀行の口座がない状態で、どうしても急ぎで当日中に銀行カードローンに契約して借りたいということであれば別の借入先を選ぶ必要があります。

銀行カードローンにこだわるのであれば、契約機を設置する三菱UFJ銀行カードローン(バンクイック)の活用を検討してみてはいかがでしょうか?

上記の銀行カードローンなら最短で即日融資に対応してもらえる可能性があります。

来店不要のWEB完結

すでにみずほ銀行の口座を持っているなら来店不要のWEB完結で、みずほ銀行カードローンへの手続きができます。

24時間受付しているインターネット申し込みから手続きを始めればOK。

口座があるということは申込者の個人情報がすでに銀行内にあるということで手続きを大幅にカットすることができます。

日常的に利用しているみずほ銀行ATMは常時、コンビニATMも月4回までは利用手数料が無料となるなど、みずほ銀行カードローンなら負担を最小限に抑えて資金調達することができます。

年率2.0%~14.0%の低金利カードローン

2017年7月からみずほ銀行カードローンでは、新しい金利プランが設けられ、最低で年率2.0%~の借入が可能となりました。

上限金利でも年率14.0%なので、多数の銀行カードローンのなかでも低金利を誇っているのが、みずほ銀行カードローン。

また、メガバンクとして目的別ローンも提供するみずほ銀行ですが、住宅ローンを組んでいれば年率-0.5%の金利優遇を受けることもできます。

住宅ローンを活用していれば、長い付き合いのできる銀行としてカードローンも上手く利用できます。

みずほ銀行カードローンの基本情報

カード名 みずほ銀行カードローン
利用条件 ・ ご契約時の年齢が満 20 歳以上満 66 歳未満の方
・ 安定かつ継続した収入の見込める方
・ 保証会社の保証を受けられる方
必要書類 ・本人確認書類
・収入証明書類(利用限度額50万円以上の場合)
審査時間 最短即日
限度額 800万円
実質年率 2.0%~14.0%
遅延損害金 19.9%
担保・保証人 不要
手数料 不要
借入方法 ATM・銀行振込
返済方法 ATM・口座振替
返済方式 残高スライド方式
発行元 株式会社みずほ銀行
このエントリーをはてなブックマークに追加