短期の資金調達にはビジネスローンを有効活用

更新日:2019/01/18
このエントリーをはてなブックマークに追加

事業融資によって事業資金調達をする場合、なるべく日本政策金融公庫や銀行融資といった低金利の融資を利用するのが原則です。

法人代表者や個人事業主(自営者)にとって、金利負担を軽減することが経営にとって重要だからです。

しかし、銀行融資や公的金融機関は審査に時間がかかり、緊急な資金調達には向いていません。

ノンバンクのビジネスローンは融資スピードが速いですが、高金利というデメリットがあります。

今回は高金利というデメリットをカバーするビジネスローンの活用方法について解説しましょう。

銀行融資や公的融資は長期返済用にする

低金利の融資は中小企業者にとっては、金利負担が少なく融資期間も長期にできるのでメリットが大きい融資です。

反面、審査期間が長いというデメリットもあるので、つなぎ資金には利用できません。

低金利融資の活用方法について、一度見直してみましょう。

日本政策金融公庫は多目的に使える

日本政策金融公庫は中小企業者に低金利で貸付することが目的なので、融資制度も多目的になっています。

開業資金や設備資金は高額となることが多いので、日本政策金融公庫を利用すれば低金利で長期返済が可能です。

また、個人事業主は運転資金がそれほど高額とならないので、無担保・連帯保証人なしの少額融資を利用することもできます。

金利も変動金利ではなく、固定金利での貸付となるので安定した返済が可能です。

しかし、融資実行までの期間が平均で3週間ほどかかるので、緊急な資金ニーズには対応することができません。

日本政策金融公庫を利用するのは、資金調達に時間的な余裕がある場合に限られます。

銀行融資は担保融資が便利

銀行融資も日本政策金融公庫と同様に融資実行までの、時間が長いというデメリットがあります。

また、銀行は民間金融機関なので利益の確保や貸倒れリスクの回避が絶対条件となります。

日本政策金融公庫が設立されたのは、担保がなくて民間金融機関から借入できない中小企業者を救済する目的もあります。

担保のイメージ

銀行融資にも無担保・無保証人の融資商品はありますが、最も有利な条件で貸付を受けるためには担保が必要です。

不動産を担保にして根抵当権を設定すれば、利用枠の範囲内で簡単に低金利の貸付が受けられ、審査にも時間がかかりません。

また、銀行との取引が長いほど信用力も高くなり、金利面でも優遇されやすくなります。

銀行融資を活用するには担保力と信用力が必要です。

つまり、長い時間をかけてメインバンクとして利用することが、銀行融資を活用するのに最も大切なことなのです。

銀行を事業資金借入先とする場合は、不動産担保を提供するか長い時間をかけて信用力をアップするしかありません。

そのためそれほど信用力がない状態で、銀行から緊急なつなぎ資金を調達するのは難しいということになります。

ノンバンクの金利

ノンバンクのビジネスローンは高金利といわれていますが、銀行融資と比べてどれくらいの金利差があるでしょうか?

また高金利のビジネスローンはどのように活用したらいいでしょうか?

銀行融資との金利差

消費者金融会社や信販会社などのノンバンクは出資法によって貸付金利の上限が定められています。

元本額 上限金利
10万円未満 年20%
10万円~100万円未満 年18%
100万円以上 年15%

事業者向け融資で10万円未満の貸付はほとんどないので、ビジネスローンの金利は原則として年18%が上限となります。

実際のビジネスローンの貸付金利も実質年率6%~18%が相場となっています。

銀行の貸付金利は利息制限法によって定められていますが、内容は出資法とまったく同じです。

しかし銀行は預金を集めることで低コストの資金調達ができるので、ノンバンクと比較すると貸付金利の相場もかなり低くなります。

中小企業向けは短期プライムレートを基準とすることが多いので、平成21年以降は1.725%を標準として、企業格付によって個別に金利が加算されます。

そのため優良企業であれば年2%程度で貸付を受けることができます。

つまりノンバンクとの金利差は年10%以上になるということです。

金利負担は金利差では決まらない

実際に負担する利息額は金利差が大きく影響しますが、融資金額と返済期間によっても大きく左右されます。

つまり、高金利の融資を利用しても、融資金額が小さく、短期の利用ほど負担する利息の総額をおさえることができます。

1,000万円を年2%、3年で返済した場合と、300万円を年15%、6ヶ月で返済した場合の利息総額を比較してみましょう。

1,000万円×2%+666万円×2%+333万円×2%=約40万円
300万円×15%×6/12=22万5千円

1,000万円を借り入れた場合、元金は毎年均等に返済するとして、減額した残高に対して金利がかかる計算をしています。

それでも300万円を半年で返済するほうが、はるかに負担する利息は少なくなります。

反対に考えると高金利で1,000万円を3年で返済すると、とんでもない金利負担になることがわかるでしょう。

ビジネスローンは少額を短期で利用するにはメリットがありますが、高額・長期の利用をすると経営に大きな負担がかかるのです。

ノンバンクビジネスローンの活用

それではノンバンクビジネスローンのメリット・デメリットを踏まえた上で、活用方法をご紹介しましょう。

ビジネスローン最大のメリット

ビジネスローンには銀行融資や日本政策金融公庫、地方自治体の制度融資にはないメリットがあります。

それは融資実行までの時間が短い、つまり融資スピードが速いという点です。

申込から融資実行まで日本政策金融公庫は3週間、銀行融資でも1~2週間かかリますが、ビジネスローンは最短即日融資も可能です。

すべてのビジネスローンが即日融資できるわけではありませんが、数日で融資実行ができるビジネスローンがほとんどです。

ビジネスローンの融資実行が速いのは、審査スピードが速いという理由があります。

走り回る

銀行融資と比べてビジネスローンでは、個人事業主はもちろんですが、中小企業も法人としてではなく代表者個人として審査をします。

もちろん会社として倒産寸前ではないといった最低限度の審査は行ないますが、それ以上に代表者個人に十分な返済能力があることが重要です。

そうした審査ができるのも、ビジネスローンの融資金額が個人でも返済可能な範囲内だからです。

こうしたビジネスローンの融資実行スピードを生かすには、緊急なつなぎ融資に利用するのがベストです。

高金利というデメリットはありますが、つなぎ融資はスピードが最優先です。

高金利はすでに解説した通り融資金額と返済期間でカバーすることができます。

つなぎ融資は間に合わなければ借りた意味がなくなるので、この場合は金利よりもスピードの速いビジネスローンを利用しましょう。

ビジネスローンの金利を下げる

ビジネスローンは高金利ですが適用される金利には幅があります。

ビジネスローンによって金利幅には違いがありますが、同じビジネスローンを利用するのであれば、できる限り低金利で利用することが大切です。

特にカードローン方式のビジネスローンは、何度も繰り返し利用できるのでつなぎ資金用に1枚持っておくと便利です。

また、同じビジネスローンを繰り返し利用することで、利用実績が積み重なり信用力がアップします。

限度額が上がれば金利は下がる

信用力はカード利用枠の増枠につながり、金利を下げる効果もあります。

ビジネスカードローンでは利用枠が大きいほど低金利が適用されるシステムなので、金利を下げるためにも何度も利用して実績を積み重ねましょう。

少なくても10%未満の金利にするまでは、同じビジネスローンを使い続けることをおすすめします。

ビジネスローン業者の選び方

ビジネスローンを取り扱う金融業者は貸金業者として登録しているので、悪徳業者の心配はほとんどありません。

不安であれば貸金長の登録番号を確認しておきましょう。

登録番号の中に( )でくくられた数字がありますが、これは貸金業登録の更新回数を意味します。

( )内の数字が大きいほど長い業歴があるということになります。

事業用資金を提供する貸金業者はそれほど多くないので、事業融資をメインにしている貸金業者の中で更新回数が多い業者を選ぶと安心です。

おすすめとしてはスピード融資を営業方針にしている「ビジネクスト」です。

初めて利用する場合は500万円が限度ですが、最大1,000万円までの資金に対応できるので長く利用するほどメリットがあります。

まとめ

事業資金の調達方法とし手の融資を利用する場合、金利だけではなく融資額や返済期間も考慮する必要があることがおわかりいただけたでしょうか?

こうした考え方をすれば、今まで高金利だと思って敬遠していたビジネスローンも充分に活用する価値があることがわかります。

特に中小企業経営者や個人事業者は、少額の運転資金を緊急に必要とするケースが多いので、ビジネスローンをうまく活用しましょう。

まだビジネスローンを利用したことがない中小企業事業者は、この機会にビジネスローンも検討してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事