2020/05/26

「急な大量発注で仕入れのための資金が追い付かない!」
「長年使い続けた機器が急に故障してしまった…今すぐ設備資金が欲しい!」
会社や事業を経営していると、手元の資金が急に足りなくなる場面がやってくることも…。
銀行や日本政策金融公庫からお金を借りようと思っても、2週間から4週間程度の時間がかかってしまいます。
今すぐ資金調達がしたい、そんな経営者や個人事業主の願いを叶えてくれるのが、ノンバンクのビジネスローンです。
オリックスVIPローンカードBUSINESSたとえばオリックスVIPローンカードBUSINESSなら、申込んだその日の内に契約が完了すれば、当日14:30までの振込依頼で、指定した銀行口座への即日振込融資が可能!

この記事では、ノンバンクのビジネスローンを活用して、申込んだその日の内に資金調達を完了させる方法を紹介します。

資金繰りに困っているときこそ、頼りになるのがビジネスローンです。

この記事を最後まで読んでいただければ、今目の前のピンチから脱する方法を見つけていただけるはずですよ。

ノンバンク系ビジネスローンの審査スピード徹底比較

ノンバンクのビジネスローンの中には、最短即日融資を公式サイトに明記しているビジネスローンが多数存在します。

しかし、融資のための審査に時間がかかってしまうのであれば、即日融資の可能性は低いに違いありません。

代表的なノンバンク系ビジネスローンの中から、最短即日で事業資金を借りることができるという4社の審査スピードを比較すると下記のようになりました。

審査スピードの比較
アイフルビジネスファイナンス オリックスVIPローンカードBUSINESS プロミス自営者カードローン ビジネスパートナー
最短即日 最短60分 2~3時間 最短即日

今回は公式サイトに記載された、審査時間で比較しています。

ただし、プロミス自営者カードローンは公式サイトに審査時間の記載がなかったため、プロミスの窓口に直接問い合わせた結果で審査時間を比較しました。

この結果から、即日融資を望む法人や個人事業主が利用するべきビジネスローンは、オリックスVIPローンカードBUSINESSということが明らかになったのです。

即日融資を受けるコツと方法

即日融資を確実なものにするためには4つのコツがあります。

  1. 即日融資の可能性が最も高いビジネスローンから申し込む
  2. 即日融資を受けるための流れを把握する
  3. 必要書類が少ないビジネスローンを選んで書類を事前に用意する
  4. 申込が込み合う時間を避けて申し込む

これら4つのコツに合わせて、ビジネスローンで確実に即日融資を受けるためのポイントを紹介します。

即日融資の可能性が最も高いのはオリックスVIPローンカードBUSINESS

オリックスVIPローンカードBUSINESS法人も個人事業主も利用できるビジネスローンの中で、審査スピードと融資実行が最も速いビジネスローンはオリックスVIPローンカードBUSINESSです。

カードローンタイプなので、一度カードを作ると繰り返し利用ができ、ATMですぐ現金が引き出せるメリットがあります。

今すぐ利用する予定がなかったとしても、先を見越して1枚所持しておけば、緊急時の資金調達も焦らずに対処することができます。

即日融資までの流れを確認

お申し込みはこちらから

即日融資を受けるまでの流れを、オリックスVIPローンカードBUSINESSを例に紹介します。

まずはトップページの【お申し込みはこちらから】をクリックし申込スタートです。

本人情報と会社の情報を入力し、申込コースを選んで入力すれば完了です。

本人情報の入力項目

入力する本人情報は以下の通り。

  • 名前
  • フリガナ
  • 生年月日
  • 性別
  • 自宅住所
  • 自宅電話番号
  • 携帯電話番号
  • 住まい
  • 居住年数
  • 家族構成
  • 前年度の個人所得

本人情報が入力出来たら、次は会社情報です。

会社情報の入力項目

入力する会社情報は以下の通り。

  • 会社名(屋号)
  • フリガナ
  • 会社住所
  • 会社電話番号
  • 業種
  • 従業員数
  • 資本金
  • 創業年月
  • 勤続年数
  • 売上

ここまでの入力にかかる時間はほんの数分です。

あとは希望するコースや返済方法など、契約に関する内容を入力すれば申込が完了します。

希望コースの入力項目

最後に契約内容に関する情報を入力していきます。

  • 希望する契約枠
  • 返済方法カード、書類などの送付先
  • 資本使途
  • 利用中のローン
  • Eメールアドレス
  • 電話連絡時の諸注意

審査に通った場合は最短60分で電話連絡が入るので、電話連絡時の諸注意はしっかり記入しておきましょう。

 

入力したすべての内容を確認し、誤りがなければ「お申込」と書かれたボタンをクリック。これにて申し込み完了です。オンライン申し込み確認

事前に入力すべき内容を知っておき、手元に資料を用意しておけば15分くらいで入力が完了します

必要書類はすぐさまネット提出

申込後は、収入証明書や本人確認書類などの書類を、ネットからアップロードすることで提出します。

アップロードするときにはスマートフォンのカメラやスキャナを使って提出書類をデータ化しましょう。

これにも時間は10分ほどしかかかりません。

カードがなくても即日融資OK

オリックスVIPローンカードBUSINESSの借入に使うローンカードは、郵送で契約者の自宅に送られます。

ですが、なにもこのローンカードの到着を待つ必要はありません。

オリックスVIPローンカードBUSINESSなら、契約完了さえしてしまえば会員ページからの振込依頼で、即日融資が実現できます。

つまり、審査最短60分で通過できれば本当に即日で融資が実行されるのです。

必要書類を事前に準備

即日融資を狙うなら、必要書類は事前に準備しておきましょう。

【オリックスVIPローンカードBUSINESS必要書類】

  1. 本人確認証(運転免許証、保険証、パスポート等の写し)
  2. 収入証明書(所得税の確定申告書)
  3. オリックス・クレジット指定の経営状況申告書(A4用紙1枚)

また、提出する必要書類が少ないのもスピード融資ができるポイントです。

オリックスVIPローンカードBUSINESSなら、法人も決算書なしで申込できます

保証会社であるオリック・スクレジット指定の経営状況申告書も、記入するのが難しい書類ではないので安心してください。

経営状況申告書に記入するのは、➀事業内容・計画についてと②収支計画について、③お借入状況・資金調達計画についての3項目です。

申込が込み合う時間を避ける

即日融資を受けるためには、申込が込み合う時間を避けるのが鉄則です。

そのため、電話受付が始まる朝の9時までの時間に申し込みを完了させるのがポイント。

オリックスVIPローンカードBUSINESSなら、パソコンやスマートフォンから24時間365日申込可能なので、申込はインターネットで行うのが間違いない方法です。

個人事業主なら個人向けカードローンも検討

SMBCグループの大手消費者金融、プロミスが運営するプロミス自営者カードローンも、即日融資に対応しています。

ただし、法人が利用することはできません。

プロミス自営者カードローンを利用できるのは、文字通り自営者(個人事業主)のみです。

プロミス自営者カードローンで即日融資を受ける方法

プロミスプロミス自営者カードローンで即日融資を実現させるためには、個人向けローン商品であるフリーキャッシングの申し込み画面から、申込をしてください。

フリーキャッシングの場合でも雇用形態の欄に【個人事業主】がありますので、そちらを選択して申込をします。

希望連絡時間帯は【なるべく早く】を選択して、一次審査完了の連絡を待ちましょう。

一次審査完了の連絡があれば、すぐにこちらからプロミスコールに電話をかけて、「フリーキャッシングではなく自営者カードローンに申し込みたい」と伝えてください。 

50万円以内の借入ならプロミスのフリーキャッシングも有効

個人事業主が急な運転資金調達に迫られたとき、50万円以下のつなぎ融資で大丈夫なのであれば、プロミスのフリーキャッシングも有効な資金調達方法です。

他の個人向けローンとは違い、プロミスのフリーキャッシングは個人事業主であれば事業資金をしても利用できるのです

また融資希望額50万円以内であれば、収入証明書類(確定申告書など)を提出しなくてもいい場合があります(希望借入金と他社との借入金の合計が100万円以下の場合に限る)。

初回利用なら、メールアドレスの登録とWEB明細利用で30日間無利息のサービスも受けられるので、急ぎでつなぎ融資が必要な個人事業主の方には非常におすすめです。

プロミス自営者カードローンとフリーキャッシングの違い

コールセンターに個人向けと自営者向けの違いを質問してみると「総量規制というところが大きな違いとしてあるものの、基本的に利用方法・サービスには差異はない」とのことでした。

ただし、審査時間は自営者カードローンの方がかかるとのことです。

個人向けであれば最短1時間で融資が受けられるプロミスですが、「自営者カードローンの場合、事業実態を調べたり、確定申告書などの所得確認をするのに時間がかかります」とのこと。

さらに、審査状況に左右されるものの、申し込みから融資までは、早くても2~3時間はかかります。スムーズに手続きを済ませるためにも、まずインターネット申し込みからとアドバイスいただきました。

先に入力を済ませられるネットからの申込みの方が、融資スピードは速いようです。

申告すべき情報に漏れや誤字がないように入力することが、スムーズな借入を行うためのポイントになるでしょう。

その日のうちに借りたいなら午前中に申し込む

午前中には仮審査の結果を受け取り、昼過ぎなど夕方前に自動契約機で必要書類を提出すれば即日カード受け取りができ、受け取り後はプロミスATMや提携ATMから自由に借入ができます。

また、プロミスはカードによる借入だけでなく、原則24時間365日の即時振込キャッシングにも対応しています。

2018年の10月9日から始まった、全銀システムのモアタイムに対応している口座を持っているなら、わざわざカードを発行しなくても、登録口座に即時振込を依頼できますよ。

ビジネスローンは怪しくない!即日融資ができる理由とは

「即日融資が受けられたとしても、怪しい融資には手を出したくない」と誰もが思っているはず。

ですが安心してください。

ビジネスローンが最短即日を実現できるのには、ちゃんとした理由があります。

それは、融資の審査にスコアリングシステムを採用しているからです。

スコアリングシステムのしくみ

スコアリングシステムは審査項目を点数化して、その合計点数が合格点となった場合に審査を通過するしくみです。

審査項目を点数化するとコンピューターで計算ができるため、早ければ数分で結果が出ます。

例えば個人年収であれば次のように配点します。

1,000万円超—————– 10点

800万円超~1,000万円— 9点

700万円超~800万円—— 8点

600万円超~700万円—— 7点

500万円超~600万円—— 6点

300万円超~400万円—— 5点

200万円超~300万円—— 4点

200万円未満—————– 0点

※上記の配点はわかりやすくしたもので、実際のスコアリングの配点とは違います。

基本的な考え方は、年収が高いほど点数が高くなるので審査に通りやすくなるというもの。

スコアリングシステムで点数化する対象はもちろん年収だけではありません。

居住形態や勤務年数、勤務形態などあらゆる審査項目を点数化して審査を行います。

ただ、スコアリングの合格点数が仮に100点満点中60点だとしても、60点に満たなければすべて却下というわけではありません。

過去の利用実績が良好で、他社利用にも問題点がなければカードローンの審査を通過することもあります。

審査通過にはクレジットヒストリーが重要

過去の利用実績はクレジットヒストリーと呼ばれています。

融資の審査では、金融事故情報などブラック情報とも呼ばれている記録がある場合に、大きなマイナス点数をつけます。

このマイナス点だけで、融資の申込はほとんど却下となっていまいます。

クレジットヒストリーをプラス材料として利用する場合は、パターン化が難しいのでスコアリングではなく、審査担当者の判断でプラス材料にします。

そのためスコアリングが合格点ではなくても審査を通過することがあります。

スコアリング点数が足りない場合でも、融資金額の減額やカードローン利用枠の減額で対応することできます。

スコアリングシステムを導入しているのは大手

スコアリングシステムは、導入に多額の費用が発生するため、導入しているのは基本大手消費者金融や大手信販会社が提供するビジネスローンです。

裏を返せば、即日融資を謳っておきながらスコアリングシステムを採用していない業者は怪しいと思った方がいいでしょう。

ノンバンクは基本お金を貸したい

銀行の場合は、リスクがあれば無理して貸付しないということもありますが、貸金業者の場合は貸付をしなければ利益になりません。

高金利の理由にはリスクヘッジも含んでいるので、過去に延滞などがない限り、減額してでも貸付をするのがノンバンクの基本です。

そのため、過去に金融事故がなく業歴も長い場合は、審査に関してはあまり神経質になる必要はありません。

即日融資を目指して、まずは申し込みをしてみましょう。

ノンバンク系ビジネスローンのメリットとデメリット

審査・融資スピードが早いということ以外にも、ノンバンク系ビジネスローンには3つのメリットがあります。

  1. カードローン方式なら限度額いっぱいまで繰り返し融資が受けられる
  2. 赤字決算でも融資が受けられる
  3. 無担保・無保証人で融資が受けられる

では、メリットを1つずつ解説していきます。

カードローン方式なら限度額いっぱいまで繰り返し融資が受けられる

ノンバンク系ビジネスローンは、証書貸付方式とカードローン方式(当座貸越)の2つの契約方法があります。

カードローン方式の場合、一度審査に通れば、あとはローンカードを使って限度額いっぱいまで繰り返し融資を受けることが可能になります。

ローンカードを持っておけば、緊急時のつなぎ融資が必要な時に融資の申し込みをしなくても、コンビニのATMから資金調達をすることが可能です。

赤字決算でも融資が受けられる

銀行融資であれば、赤字決算の企業に融資をしてくれることはほとんどありません。

しかし、ビジネスローンであれば決算が赤字だったとしても融資をしてくれる可能性が高いのです。

ビジネスローンの審査で重要視されるのは、これまでの実績以上に今後の事業の継続性です。

そもそも少額な融資がメインとなるため、事業が赤字だったとしても、審査で代表者に返済能力があると判断されれば、赤字決算でも融資が受けられる可能性が高いと覚えておいてください。

赤字決算だからと言って、融資を諦める必要はありません。

無担保・無保証人で融資が受けられる

高額な事業資金を低金利で借り入れる場合、銀行融資では、融資した金額の返済を担保するための不動産や連帯保証人が必要になる場合があります。

ノンバンク系のビジネスローンであれば、融資を受けるために担保や保証人を用意する必要もありません

その分だけ審査や融資のスピードもアップします。

ビジネスローンは、公的融資や銀行融資と比較すると圧倒的に金利が高い資金調達方法になります。

金利相場の比較(2019年時点)
政府系金融機関 銀行の事業融資 ノンバンク系
ビジネスローン
0.30%~2.85% 2.125%~9.0% 3.10%~18.0%

ビジネスローンを利用する際は、少額・短期利用を徹底して利用するようにしてください。

短期間で返済可能であることを見越してビジネスローンを利用するのであれば、金利負担によるダメージは少なくて済みます。

まとめ

今すぐ資金が必要なときに役立つのが、今回紹介したノンバンク系のビジネスローンです。

結論としては「オリックスVIPローンカードBUSINESS」が最も即日融資の可能性が高いビジネスローンとしておすすめです。

株式会社オリックスのグループ会社ということで安心して利用することができます。

ただし、金利負担の大きいビジネスローンは、つなぎ資金や短期の運転資金として利用するようにしてください。

長期返済で利用すると、カードローンであれば利用枠を狭めることになり、カードローンのメリットがありません。

資金調達の際は、その使い方に適した融資商品を選択することが大切です。

関連記事