ビジネスローンのメリットは担保なしでの資金調達

更新日:2019/01/18
このエントリーをはてなブックマークに追加

事業者向けの融資には政府系金融機関の制度融資や銀行融資、ノンバンクのビジネスローンまでさまざまな融資があります。

その中でもビジネスローンに関しては高金利ということもあり、敬遠している経営者も多いのではないでしょうか。

しかし、ビジネスローンにもメリットがあり、うまく活用すれば事業融資の選択肢のひとつとなります。

今回はビジネスローンのメリットとその活用方法をご紹介しましょう。

ビジネスローンのメリットは融資スピードと無担保

ビジネスローンを活用した融資には、銀行融資や日本政策金融公庫にはないメリットがあります。

まずはビジネスローンのメリットをご紹介しましょう。

審査スピードが速い

ビジネスローンは審査が早いので結果として融資スピードも速くなります。

ノンバンクのビジネスローンがスピード融資に対応できるのにはいくつか理由があります。

・審査申込時の提出書類が少ない
・審査基準が低い
・融資限度額が低い
・審査がスコアリング方式なので早い

まずビジネスローンの提出書類は銀行融資に比べると少なく、返済計画書や事業計画書といった作成に時間がかかる提出の必要がありません。

法人決算書や個人の確定申告書の他には、会社の商業登記簿謄本や個人の住民票などの本人確認書類を提出するだけというのが一般的です。

提出書類が少ないことで申込みから融資実行までの時間が短縮されます。

また、銀行融資に比べて審査基準が低いことも審査スピードに影響があります。

融資の審査基準は、金利が低く金額が大きいほど高くなる傾向にありますが、それは融資する側のリスクが大きいほど審査基準は高くなるということです。

ビジネスローンは融資金額も銀行ほど大きくなく、金利も高いので審査基準は銀行と比較すると低い水準です。

さらに審査方式がスコアリング方式といって、審査項目を点数化して一定以上合計点数に達すると審査を通過する仕組みです。

システム化しているのでスピード審査に対応しやすいという点も審査が速い大きな理由となっています。

以上のような理由からノンバンク系の審査は速いので、そのスピードを生かした使い方をしましょう。

基本的に無担保・無保証人

日本政策金融公庫や銀行融資でも無担保や保証人なしで融資を取り扱っています。

しかし、高額な融資申込ほど不動産などの担保提供や第三者の連帯保証人を求められる可能性が高くなります。

ビジネスローンはよほどのことがない限り、担保提供や連帯保証人は必要ありません。

これは融資額がそれほど大きくならないということが前提となっているためですが、審査時間にもつながっているのでビジネスローンの大きなメリットのひとつです。

銀行融資でも連帯保証人がいない場合には、保証協会付きの融資の取扱もできます。

しかし、保証協会の審査も受ける必要があるので、融資実行までの時間も長引くというデメリットがあります。

また、担保を提供したり連帯保証人をつけたりすると審査や調査、手続きなどに時間がかかります。

無担保・無保証人が原則ということも審査時間の短縮につながっています。

個人事業主も融資を受けやすい

銀行の事業融資は基本的に中小企業などの法人を対象としています。

そのため個人事業主が銀行融資による事業資金調達は困難といわれています。

しかし、ビジネスローンは個人事業主向けの融資商品もあるので、個人事業主でも問題なく申込が可能というメリットがあります。

また、個人でノンバンクの融資を利用していて年収の1/3の借入をすでにしている場合、さらに借入するのは難しくなります。

しかし、事業資金の借入は総量規制の対象外となっているので、事業資金としての借入の可能性は残されています。

もちろん個人事業主であれば個人の借入も考慮した融資金額になりますが、それでも全く対象にならないというわけではありません。

金利の高いビジネスローンの賢い活用法

中小企業経営者や個人事業者はビジネスローンをどのように活用したらいいでしょうか。

ビジネスローンのメリットをよく考えると、その上手な使い方も見えてきます。

審査スピードを生かした使い方

ビジネスローンのメリットとして申込みから融資実行までのスピードが速いという点があります。

このメリットを生かすには緊急なつなぎ資金などに使うといいでしょう。

金利は高くなりますが、運転資金などのつなぎ資金はタイミングを逃してしまうと経営に大きな影響があります。

金利が高くても融資金額がそれほど大きくなければ、実質的に支払う利息はそれほど大きくなりません。

短期のつなぎ資金にはビジネスローンが便利です。

特に年会費も無料で使えるカードローン方式のビジネスローンをあらかじめ作っておけば、いざという場合にすぐに借り入れできるのでタイミングを逃しません。

また契約を1回結んでおけば、利用枠の範囲内では審査不要で何度でも利用できるので手間もかかりません。

少額の利用に限定して使う

ビジネスローンの融資限度額は最大300万円~500万円というケースがほとんどです。

そのためビジネスローンは高額な設備投資や創業資金などに利用することはできません。

ビジネスローンだけで運転資金すべてを調達するのもおすすめできません。

ほかの資金調達方法の補助的な役割で、少額・短期の利用に活用しましょう。

ビジネスローンの返済期間を長期にしてしまうと、融資金額が少なくても金利負担が大きくなります。

銀行融資と比べると年利で10.0%以上高くなることもあるので、金利負担には十分注意しましょう。

ビジネスローンの金利負担を軽減する方法

高金利となるビジネスローンでは金利負担の軽減を常に考えておきましょう。

・返済期間はなるべく短くする
・余裕のあるときは元金を内入れする
・カードローン方式ではなるべくリボ払いを利用しない
・同じビジネスローンを繰り返し利用して基本的な利率を下げる

上記の方法を活用すればそれほど金利負担も大きくならないでしょう。

特にカードローン方式のビジネスローンは使いやすいので、無計画に追加借入をしてしまいがちです。

リボ払いを利用していると返済金額が大きくならないので、金利負担を忘れてしまうので、カードローンでもなるべく1回払いで利用するようにしましょう。

つまり、ビジネスローンのような高金利の融資を利用する場合は、返済財源がはっきりしている事業資金に使うということを心がけることが大切です。

また、ビジネスローンは同じ金融会社のローンを長く使うということも大事です。

もともと高金利ですが、長く利用することで融資金額も大きくでき、金利も低い利率を適用してくれます。

銀行融資も同じですが、ノンバンク系の融資も実績を積み重ねて信用力をつけることが、その後の融資に有利になります。

限度額も大きいオススメのビジネスローン

ビジネスローンのメリットを考えておすすめのノンバンク系ビジネスローンをご紹介しましょう。

ビジネクストの事業者向けビジネスローン

ビジネクスト

ビジネクストは事業者向け融資がメインの消費者金融会社です。

ビジネクストのビジネスローンの特長は一般的なビジネスローンに比べて融資額が最大1,000万円と比較的高額な融資が見込める点です。

一般的なビジネスローンの300万~500万円と比較すると1,000万円の融資額は、さまざまな事業資金に対応できる金額です。

もちろん初めての申込みから1,000万円の融資は無理ですが、新規でも最大500万円の融資の可能性があります。

何度も利用して実績を積んでいけば、最大1,000万円の融資も可能になるので、事業資金調達手段として充分に活用できます。

もちろん個人事業主でも申込み可能です。

ビジネクスト利用の注意点

ビジネクストのビジネスローンは融資額100万円を境にして適用金利が違います。

100万円未満は年13.0%~18.0%ですが、100万円以上では8.0%~15.0%と低くなります。

そのためビジネクストから融資を受ける際には、100万円以上の事業資金に活用することをおすすめします。

100万円以上は低金利といっても最も低い金利でも年8.0%になるので、銀行融資に比べると高金利であることは間違いありません。

なるべく短期利用して金利負担を軽減するという点は、ほかのビジネスローンと同じです。

まとめ

ビジネスローンのメリットはお分かりいただけたでしょうか。

今まで高金利ということでビジネスローンの利用を敬遠していた経営者の方も、メリットをうまく利用すればビジネスローンも資金調達方法として充分活用できることがわかったことと思います。

資金調達先は多いほどさまざまな資金需要に対応することができます。

日本政策金融公庫や銀行融資にはないビジネスローンの融資スピードを生かした活用をしましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事