ビジネスローンなら保証人なしで資金調達が可能

更新日:2017/10/16
このエントリーをはてなブックマークに追加
事業主の困り顔
融資を受けたいけど、保証人を探すのは時間もかかるしなぁ…
なによりも保証人になってもらった人に迷惑をかける訳にはいかないから気を使うね。

秘書の笑顔

ノンバンクのビジネスローンは高金利というイメージを持つ人は多いでしょう。

実際、日本政策金融公庫や銀行融資と比べて高金利であることは間違いありませんが、ビジネスローンにはほかの金融機関の事業融資にはないメリットがあるのも事実です。

中小企業経営者や個人事業主は融資商品を金利だけで判断するのではなく、メリットを生かして適切な資金使途に活用することを考えましょう。

今回はビジネスローンの特性のひとつでもある無保証人でお金を借りられる点やその他のメリットについて解説します。

ビジネスローンは無担保・無保証人が原則

最近では銀行融資でも無担保・無保証人の融資商品もありますが、一般的に事業資金の貸付は担保提供や連帯保証人を求められます。

ビジネスローンの場合は最初から無担保・無保証人が原則となっています。

無担保無保証のイメージ

これは融資限度額がそれほど大きくないという点が大きく影響しているでしょう。

ただし、法人で申込む場合はビジネスローンに限らず、会社代表者が連帯保証人となることは申込条件のひとつです。

不動産などの担保は「物的担保」、連帯保証人は「人的担保」と呼ばれていて、どちらも債務者が返済不能となった場合の保全という意味があります。

ビジネスローンでは申込金額が銀行融資と比べて低いのと、リスクも含めた金利設定をしているので担保を必要としません。

銀行と同じようにビジネスローンが担保や保証人を条件にすると、金利が高い分、申込する人がいなくなるでしょう。

ノンバンクのビジネスローンにとって無担保・無保証人は、申込者を増やすという意味でも欠かせない要素なのです。

ビジネスローンの審査基準は柔軟

ノンバンク融資では「スコアリング方式」という審査システムを導入しており、審査項目を点数化してコンピューターで処理するため、審査スピードが早いというメリットがあります。

この審査スピードは融資実行までの速さにつながるっていることが、ビジネスローンの大きなメリットになっています。

また審査スピードだけでなく審査の柔軟性もビジネスローンの特長です。

ノンバンク系には消費者金融業者、信販会社、クレジットカード会社などがありますが、いずれも消費者を対象とした融資やクレジットがメインとなっています。

そのため事業性融資よりも消費者向け融資のノウハウのほうが蓄積されています。

つまり、会社の将来性や事業の将来的な展望を予測するのは苦手といっていいでしょう。

融資金額が少ないことや高金利でリスクがカバーできるので、銀行融資のように決算書以外に数多くの書類を提出させてチェックするということはしません。

むしろ、できないといったほうがいいかもしれません。

ビジネクスト

ビジネスローンによっては業歴が短く、赤字経営の申込でも審査を通過する可能性があります。

もちろん、すべての赤字会社が審査を通過するわけではありませんが、ビジネクストのように決算書だけでは判断しないという融資体制を打ち出しているビジネスローンもあります。

不利なことには間違いはありませんが、事業の成長性なども考慮した審査をしてくれるという対応は、資金繰りに苦しむ中小企業経営者や自営業者の大きな助けとなるでしょう。

ビジネスローンは銀行とはまったく違う視点から審査をしているので、銀行融資に比べて審査が通りやすくなっているのです。

ノンバンク系ビジネスローンなら即日融資も可能

プロミス自営者カードローン」のような消費者金融系のビジネスカードローンでは、全国にある無人の自動契約機を利用して即日融資が可能な場合があります。

消費者金融系に限らず、ノンバンクのビジネスローンでは即日とまではいかなくても申込から数日で融資実行が可能です。

オリックス・クレジットが提供する「オリックスVIPローンカードBUSINESS」も、最短60分での審査回答としており、最短即日での振込融資にも対応してもらうことができます。

申込日の当日中にとは言わずとも、数日で融資を受けられるのは、銀行融資や公的融資ではまず考えられないことです。

特にインターネットを利用してオンライン申込をすると、融資実行までの時間を短縮することができます。

融資実行は振込融資やカードローンの場合はATMでの融資が可能なので、すぐにお金を手にすることができます。

また、審査時間が短いこともビジネスローンのメリットのひとつです。

審査スピードが速いことで申込から融資実行までの時間も短くなるのがビジネスローンの利点です。

ビジネスローンは提出書類も少ない

銀行融資では一般的な提出書類以外にも、事業計画書、資金計画書、資金繰り表など様々な追加書類を求められることがあります。

しかし、ノンバンクのビジネスローンでは基本的に本人確認書類と収入証明書の2種類があれば、わずらわしい追加書類の提出などはありません。

ノンバンクによっては独自の書類を提出する必要がありますが、1種類だけでその後に追加で提出書類はありません。

提出書類が多いほど審査やチェックにも時間がかかるので、ビジネスローンの融資実行までの速さには提出書類の少なさも大きく影響しています。

高金利なビジネスローンも使い方で対処

高金利はビジネスローンの大きなデメリットのひとつですが、使い方しだいで低金利の融資よりも負担は少なくなります。

具体的にどのように違うのか計算してみましょう。

▼3,000万円を年2.0%、3年で返済する場合(元金は均等に年1,000万円支払うとする)
初年度利息 3,000万円✕2.0%=60万円
2年目利息 2,000万円✕2.0%=40万円
3年目利息 1,000万円✕2.0%=20万円
合計利息  120万円
▼500万円を年15.0%、1年で返済する場合
500万円✕15.0%=75万円

上記の計算をみてもわかるとおり、ビジネスローンは少額利用を短期で支払うと実際に負担する利息の総額は、高額・長期借入よりも少なくなります。

年15.0%は上限金利なので、実際ビジネスローンで500万円を借入する場合はもっと低金利となります。

高金利といわれるビジネスローンでも少額融資ではそれほどの金利負担にはならないことがおわかりいただけたでしょう。

ビジネスローンの使い方

ここまでビジネスローンのメリットをご紹介してきましたが、使い方を間違えるとデメリットが大きくなるので注意が必要です。

それでは適切がビジネスローンの使い方をご紹介しましょう。

短期・少額利用を徹底する

ビジネスローン最大のデメリットである高金利に関して、そのデメリットを最小限にする方法として、少額・短期の利用があります。

計算の実例をみてもよくわかるように、金利負担というのは利息の利率ではなく、実際に支払う利息の金額です。

いくら利率が高くても法律的な上限が定められているので、以前ほど法外な金利は存在しません。

またビジネスローンで利用できる金額にも限度があり、一般的には300万円~500万円が上限です。

この金額の範囲内であれば、金利の高さはほとんど気にしなくてもいいでしょう。

ただし、返済期間を長くしてしまうと、高金利なだけに金利負担も思った以上に増えるので注意しましょう。

・返済方法はリボルビング払いを利用せずに、なるべく1回払で利用する
・リボ払いを利用する場合でも1年以内に一括払いをする

上記注意点を守って短期借入金として利用している限り、ビジネスローンの金利負担が経営に影響することはありません。

何度も利用して金利を下げる

ビジネスローンにはカードローンタイプがあります。

クレジットカードのように利用枠の範囲内で繰り返し利用でき、提携ATMで簡単に引き出しができて便利です。

ビジネスローンの金利は「6%~18%」というように、設定に幅があります。

これは新規申込者と利用実績のある利用者に金利面で差をつけているからです。

つまり最初のうちは最大の金利が設定され、利用実績を積み重ねていくと利用枠の増枠とともに金利も引き下がるしくみです。

カードローンタイプのビジネスローンは、何度も利用することで金利負担も軽減でき、利用金額も増えていきます。

金利負担に気をつけて繰り返し利用することでメリットが最大になります。

カードローンタイプ以外にも借入のたびに契約を交わす「証書貸付タイプ」も同様に、利用実績があるほど金利・融資金額とも優遇されます。

ビジネクスト

融資額がおおく、かつ低金利でおすすめのカードローンはアイフルグループのビジネクスト株式会社が発行するビジネクストです。

ビジネクストの初回融資額は500万円までですが、良質な利用実績を積んでいけば最高1000万円まで利用限度額を上げてもらうことが可能。

利用限度額が上がればそのぶん金利も下がる可能性が高いので、銀行系以外で低金利で資金調達したいという方にはオススメです。

ビジネクストの金利は利用限度額が100万円未満のとき年8.0%~15.0%、利用限度額が100万円以上のとき年13.0%~18.0%なので、設定金利を下げるためにも良質な利用実績を積み上げていきましょう。

まとめ

事業者にとって資金調達は経営するにあたっては重要な課題です。

特に中小零細企業や個人事業主、自営業者にとっては銀行融資で少額の借入をするにも提出書類の作成などで苦労していることでしょう。

また運転資金が緊急に必要な場合でも、銀行融資の審査期間を考えると対応できないことも多いでしょう。

ビジネスローンは高金利といわれているので、敬遠していた経営者も多いかもしれませんが、今回の解説でそうではないことがおわかりいただけたことと思います。

ビジネスローンは短期のつなぎ資金など少額融資に限れば、無担保・無保証人で融資スピードも速くメリットは大きいのです。

開業資金・設備投資資金などの高額融資は銀行融資や日本政策金融公庫が便利ですが、ビジネスローンは短期融資に利用価値があります。

これを機会にビジネスローンも資金調達方法のひとつとして活用してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事