ビジネスローンで借りたお金は経費として扱えるのか?

更新日:2017/12/07
このエントリーをはてなブックマークに追加

事業資金調達でビジネスローンの借入をしている中小企業経営者や個人事業主は多いことと思います。

しかし、その借入や返済に関してどのような経理処理をしたらいいのかわからない事業主もいるかもしれません。

特にこれからビジネスローンを利用しようと考えている事業主は、その点も理解した上で利用しましょう。

今回はビジネスローンについて経費と仕訳に関して解説しましょう。

ビジネスローンと経費

ビジネスローンに限らず、融資の借入金に関しては銀行融資や公的融資でも経理上の扱いは同じです。

まずは借入金や返済金と経費の関係について解説しましょう。

経費とは?

決算書サンプル

経費は簡単に言えば事業活動の中で必要なコストのことです。

例えば広告宣伝費や出張費用など売上を増やしたり、新規の取引をしたりするために必要な仕事用のコストを経費と呼んでいます。

個人事業主であれば、「利子割引料」という勘定科目に振り分けられる経費があります。

利子割引料は事業資金調達のために借入した融資金の利息のことです。

つまり、ビジネスローンを含めた事業資金を資金使途とした融資の返済金の内、利息部分は経費として処理することができます。

これに対して借入元本については経費としては認められません。

経費はコストとして支出したお金のことなので、一時的に借りて最終的にはそのまま返済する元本は経費にはなりません。

仕分けする場合は返済金を元本と利息に分ける必要があるので、返済予定表などは必ず保管しておきましょう。

ただし、利息だけでなく借入するために必要な印紙代などの実費や、事務手数料も経費として処理することができます。

ビジネスローンと銀行融資の違い

仕訳上、ビジネスローンも銀行融資、日本政策金融公庫、地方自治体の制度融資も、事業資金を調達するための融資としては同じ扱いとなります。

仕訳をする場合の違いは、長期借入金か短期借入金かという違いだけです。

一般的に1年以内の返済であれば短期借入金、1年を超える返済であれば短期借入金として処理します。

ビジネスローンはカードローン形式の場合、追加融資をしていると返済は1年以上になることもあります。

しかし、カードローンは1年で自動更新となるので、通常は短期借入金として処理します。

また、証書家方式のビジネスローンは返済期間を選ぶことができるので、1年を超える返済期間の場合は長期借入金として処理しましょう。

ビジネスローン以外の金融機関からの借入も同様に返済期間によって仕訳します。

ビジネスローンの仕訳

ビジネスローンを利用した場合の一般的な仕訳例をご紹介しましょう。

借入時の仕訳

100万円を借りた場合、左の借方には現金(普通預金)1,000,000円、右の貸方には短期借入金1,000,000円と記帳します。

借入金以外の諸費用は次の科目で記帳します。

・印紙代・・・租税公課
・事務手数料・・・支払い手数料

なお、ビジネスローンで担保提供することはほとんどありませんが、参考までに抵当権を設定する場合は次の科目を使用します。

・司法書士報酬・・・支払い手数料
・登録免許税・・・租税公課
・登記簿謄本代・・・租税公課、支払い手数料、雑費など
・印紙代・・・租税公課

返済時の仕訳

返済金額が10万円で利息部分が4万円の場合、次のように記帳します。

・借方 借入金60,000円、支払い利息40,000円
・貸方 普通預金100,000円

ビジネスローン仕訳上の注意点

個人事業主の場合は、個人利用と事業利用の区別をつけるために注意する点があります。

事業主自身が個人用カードローンを利用している場合、利用目的が生活費などプライベート用であれば仕訳をしてはいけません。

仕訳はあくまで事業に関するものだけなので、プライベートで利用した借入金の利息を経費として計上することはできません。

しかし、個人向けのカードローンでお金を借りて、事業資金として使用することは問題ありません。

その場合は次のように仕訳します。

・借方 事業主貸1,000,000円
・貸方 借入金1,000,000円

また、法人であっても法人代表者の個人用カードローンを事業用として使用するケースもあります。

その場合は次のように仕訳しましょう。

・借方 普通預金1,000,000円
・貸方 借入金1,000,000円
※摘要欄または補助科目に「代表取締役からの借入」と記入

少額な場合や一時的な場合などは仮受金として処理することもありますが、カードローンでの借入は利息も発生し、借入期間も長くなるので上記のように仕訳しましょう。

法人カードのキャッシングも借入金

ビジネスローン以外でも事業者向けクレジットカードのキャッシングを利用することがあります。

キャッシングも借入金という点ではビジネスローンと同じ処理をします。

キャッシングの仕訳

法人カードのキャッシング枠はそれほど大きくないので、返済期間も短く短期借入金として処理します。

仕訳方法はビジネスローンと同じです。

・借方 普通預金100,000円
・貸方 借入金100,000円

キャッシングの場合も法人代表者や個人事業主の個人カードで事業資金を決済する場合は、ビジネスローンと同じように処理しましょう。

融資商品の名称が違うだけで、キャッシングもビジネスローンも処理方法は同じですが、法人カードの場合はショッピングも利用できます。

備品購入や交通費の支払いなどでカードショッピングを利用した場合は処理方法が少し違います。

ショッピング利用の仕訳

カードショッピングはお金を直接借りるのではなく、カード会社が立替払をする後払い方式です。

そのため仕分けする場合は次のように処理します。

カード利用時

・借方 消耗品費50,000円
・貸方 未払金50,000円

返済時

・借方 未払金50,000円
・貸方 普通預金50,000円

なお、物品購入の場合はキャッシングを利用せず、なるべくショッピングで決済すると借入金扱いとならないので、貸借対照表やキャッシュフローの改善となります。

またクレジットカードのポイントサービスを利用すれば節税対策もできるので、ショッピングで対応できるものはキャッシングに頼らないようにしましょう。

ビジネスローン利用の注意点

ビジネスローンの利息額を経費として処理できるからといって、高金利のビジネスローンを資金調達方法のメインにすることはおすすめできません。

ビジネスローンを利用する場合は次の点に注意して利用しましょう。

ビジネスローンは高金利

ビジネスローンは消費者金融会社や信販会社などのノンバンクが取り扱っている事業融資なので、銀行融資と比較すると高金利です。

実質年率では10%以上の金利差があることも珍しくありません。

利息は経費として処理できるといっても、所得税や法人税の課税対象外になるというだけで金利負担がなくなるわけではありません。

いくらか節税にはなりますが、それ以上に経費負担が大きくなっては意味がありません。

高金利ほど負担となる利息が額も増えるので、その点を充分に理解してビジネスローンを利用しましょう。

さらにビジネスローンを利用する場合は返済期間にも注意する必要があります。

ビジネスローンは短期利用に限定

高金利のビジネスローンを活用するには金利負担を軽減することが重要です。

そのためには短期利用することが必要不可欠です。

特にカードローン形式のビジネスローンではリボ払いが利用できますが、リボ払いを利用してもなるべく短期間で残金を一括返済しましょう。

リボ払いを最低の返済金額で長期返済すると金利負担が大きくなります。

ビジネスローンは短期返済で融資額も少額の利用を心がけましょう。

ビジネスローンのメリット生かした使い方をする

ビジネスローンのメリットは銀行プロパー融資と比べて審査基準が低く、融資実行までのスピードが速いという点です。

このメリット生かす使い方としては、緊急なつなぎ融資としてビジネスローンを利用するのがベストです。

つなぎ資金であれば返済財源も明確で短期の一括払いが可能になり、金利負担も少なくてすみます。

融資スピードが必要な事業資金には少額融資を前提としてビジネスローンを活用しましょう。

まとめ

ビジネスローンについて経費や仕訳の方法はおわかりいただけたでしょうか?

基本的に借入金という点ではビジネスローンも金融機関からの借入もまったく同じであることがおわかりいただけたでしょう。

しかし、利息を経費で処理できることは高金利で借りてもいいということにはなりません。

高金利であることを十分理解して目的にあった使い方をしなければ、ビジネスローンを上手く活用できません。

また、事業資金調達は借入金だけに頼らず、ファクタリングサービスや手形割引、補助金・助成金など返済が不要な資金調達も活用しましょう。

事業者は資金調達方法も目的別に使い分ける必要があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事