事業主が気をつけたいカードローンの選び方

更新日:2019/01/18
このエントリーをはてなブックマークに追加

個人事業主もカードローンを利用することで、事業でもメリットがあるので利用者は多いことでしょう。

しかしカードローンにも種類があり、思っていた用途に利用できないカードローンを選ぶと意味がありません。

個人事業主としては生活資金にも事業資金にも利用できるカードローンもあるので、選択はますます難しくなります。

今回は事業主がカードローンを選ぶときの注意点を解説しましょう。

カードローンの種類とビジネスローン

まず最初にカードローン、ビジネスローン、ビジネスカードローンなどを正確に把握して、適切な使い方をできるようにしましょう。

カードローンの特徴

カードローンは利用枠を決めて限度額の範囲内で何度も融資を受けられる融資商品です。

証書貸付と呼ばれる融資商品の場合は、お金を借りるたびに契約書を作成する単独融資です。

これに比べてカードローンはカードを発行するときに審査を行ないますが、カード発行後はATMなどを利用していつでも借入することができます。

また、返済方法はリボ払いが原則なので、追加融資をしても返済金額がさほど変わらないというメリットもあります。

もちろん利息軽減のために一括で支払うことも可能ですが、リボ払いを利用するポイントは最低返済額で利用せずに、返済可能な範囲で最大限の返済額にすることです。

カードローンの種類

カードローンには大きく分けて個人向けと事業者向けのカードローンがあります。

それぞれの特徴は次のとおりです。

個人向けカードローン

・比較的低金利
・資金使途は自由だが事業性資金には利用できない

事業者向けカードローン

・個人向けカードローンよりは高金利の設定
・事業性資金に利用でき、カードローンによっては生活資金にも利用できる

基本的に事業者は事業者向けカードローンを利用することになりますが、個人として個人向けカードローンを併用することも可能です。

また、カードローンは発行会社の系列によっても分類することができます。

系列別カードローン

カードローンを発行しているのは、大手消費者金融会社や信販会社、クレジットカード会社などのノンバンク、大手銀行や地方銀行、信用金庫などがあります。

銀行が直接発行している場合は銀行カードローン、銀行グループの金融会社が発行する場合には銀行カードローンと表現することもあります。

それではそれぞれの特徴を紹介しましょう。

銀行カードローン

銀行が直接カードを発行するカードローンですが、ほとんどの場合同じ銀行グループの保証会社の保証付きとなります。

例えば三菱UFJ銀行カードローン バンクイック(アコム)、三井住友銀行カードローン(SMBCコンシューマーファイナンス)といったように、カッコ内の金融会社が金融機関の保証会社となっています。

また、銀行カードローンは個人向けに限られていて、事業者向けのカードローンは発行していません。

ただし、自営業者に関しては個人利用に限って発行される可能性があります。

ノンバンクカードローン

ノンバンク(貸金業者)のカードローンには消費者金融系や信販系などがありますが、金利面では大きな差はありません。

金利は銀行系と比べてやや高い設定ですが、出資法で上限金利が定められているので、10万円以上の利用枠では最大でも年18.0%です。

またノンバンクのカードローンには2種類あり、個人向けと事業者向けのどちらかを選ぶことができます。

カードローンとビジネスローンの違い

個人事業主が利用できるノンバンクの事業融資には、ビジネスローンがあります。

ビジネスローンは中小企業代表者や個人事業主が事業資金を調達できる融資商品です。

このビジネスローンの中にカードローン形式のビジネスカードローンがあります。

そのため、同じノンバンクでも個人向けカードローンとビジネスカードローンはまったく違う融資商品と考えましょう。

基本的に事業性資金に利用する場合は、ビジネスローンやビジネスカードローンを利用することになります。

カードローンの選び方

事業者がカードローンを利用する場合には、適切なカードローンを選ぶ必要があります。

どんな点に気をつけてカードローン選びをしたらいいのか、その方法をご紹介しましょう。

資金使途と申し込み条件でカードローンの種類を選ぶ

個人事業主の場合は個人としてカードローンを利用することもできるので、事業資金に利用する場合銀行カードローンは申し込みできません。

ノンバンクのカードローンの中から事業性資金の利用が可能なビジネスカードローンを選択しましょう。

次に申し込み条件を確認します。

申し込み条件にはまず年齢制限があり、「年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方」といった条件表記があります。

申し込み者の年齢が条件の範囲内であることを確認しましょう。

また申し込み条件には年齢以外にも、業歴なども記載されていることもあるので必ずチェックしましょう。

条件に適合しない申し込みは審査前に却下されるので気をつけましょう。

金利や利用限度額でさらに絞り込む

資金使途や入会条件が合致しているカードローンを選んだら、使いみちに対応できる金利や融資額かどうかを確認します。

もちろん金利は低いほどよく、借入額は大きいほど使いやすくなります。

しかし、はじめての申し込みでは融資額もおさえられ、低金利での利用も難しいのが現実です。

まずは最低金利が低く、最大融資額も大きいカードローンを選んで申し込みしてみましょう。

希望額や低金利が適用されるかどうかはわかりませんが、カードローンの使い方としては実績を積み重ねて最低金利を目指すという方法をおすすめします。

そのため最初は高金利でもカードローンを利用し続けて、延滞せずに実績を積み重ねましょう。

緊急な資金調達は即時融資対応のカードローン

事業資金調達のためにカードローンを利用する場合は、少額を短期の返済期間で利用をして低金利のデメリットをカバーしましょう。

さらにビジネスカードローンのメリットには銀行融資と比べて融資スピードが速いという点があります。

カードローンは基本的に審査スピードが速いので融資実行のスピードも速いですが、特に消費者金融系カードローンの中には即日融資が可能な場合があります。

消費者金融では自動契約機のネットワークがあるので、それを利用すると申し込みした当日にカードを手にすることができます。

カードが発行されればATMや銀行振込(振込キャッシング)で24時間借入ができるので緊急なつなぎ資金にも対応ができます。

即日融資が可能なおすすめのカードローンには、プロミスの「自営者カードローン」があります。

資金使途は事業資金の他に生活資金も認められているので、個人事業主におすすめのカードローンです。

個人向けカードローンは金利優先

個人向けカードローンは金利を優先して選びましょう。

事業資金のように高額な利用は必要なく、高額な利用する場合には目的ローンを利用すれば低金利となるからです。

資金使途が自由なフリーローンひとつである個人受けカードローンは、少額を短期返済で利用しましょう。

 

カードローン審査への対応

カードローンを選択したら最後に審査基準への対応も考えておきましょう。

必要書類の準備

まずは審査をスムーズに進めるためにも、申し込み前に必要書類はそろえておきましょう。

一般的なカードローンの必要書類は次のとおりです。

本人確認書類

・運転免許証やパスポートのコピー(健康保険証の場合はもう1点住民票などが必要)
・法人の場合は代表者の本人確認書類

所得証明書類

・個人事業主は確定申告書
・収入証明書や納税証明書でもいい場合がある

ビジネスカードローンはカード会社所定の書類の提出を求められることもありますが、作成はそれほど難しくありません。

赤字決算への対応

法人でも個人事業主でも決算書や確定申告で赤字というケースがあります。

法人の場合は一時的な赤字であることを証明するために、赤字決算の前後の黒字決算の決算書も提出しましょう。

一般的に2期分の決算書の提出が求められますが、審査に有利になるのであれば、それ以上の決算書も提出しましょう。
秘書の笑顔

個人事業主の収支が赤字という場合は、確定申告の必要はありませんが、基本的には赤字でも確定申告書は提出しておきましょう。

個人事業主が赤字になる原因としては減価償却費が大きくなった場合などがあります。

これは実質的には黒字と判断できるケースが多いので、赤字でも確定申告をして正式な書類として保管しておきましょう。

税務署に提出した正式な書類であるということが重要です。

まとめ

カードローンの選び方についてはおわかりいただけたでしょうか?

個人事業主にとってカードローンは事業向けと個人向けがあり、選択肢も豊富となるので選ぶのも難しくなります。

何のためにカードローンを利用するのかという目的をはっきりさせることで、カードローンも選びやすくなります。

使い方によっては金利よりも融資スピードを優先するなど、臨機応変に選びましょう。

カードローンは高金利でも短期利用することで、金利負担をカバーすることもできます。

まだカードローンを利用したことがない事業者は、この機会に資金調達方法としてもカードローンを利用してみましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事