ビジネクスト事業者ローンの審査や申し込みの流れ、メリットデメリットを徹底解剖

更新日:2018/09/26
このエントリーをはてなブックマークに追加

ビジネクスト公式サイト

大手消費者金融アイフルの100%グループ企業のビジネクストは、法人や個人事業主を対象にした事業融資を展開しています。

アイフルなどが提供する個人向けカードローンは、資金使途を自由とするものの事業目的には使えません。

そこで、法人や個人事業主が法人経営や事業運営のなかで事業融資が必要になったときに利用できるのが、事業目的でも使用可能な法人カードローン(ビジネスローン)になります。

ビジネクストは最大1,000万円まで事業融資を行ってくれるローン会社です。

はたしてどのような特徴をもったビジネスローンなのか、ご紹介いたします。

1年以上の業歴があれば審査OK

ビジネクストでは、業歴1年以上であれば、決算書もしくは確定申告書の提出で審査を受けられることが、公式サイトに明記されています。

業歴1年以上で決算書もしくは確定申告書を提出すれば審査可能(ビジネクストHPより))

ビジネクスト公式サイト「よくあるご質問」より

一般的には、業歴が長ければ長いほど上手く事業継続できているという証にもなるため、審査も有利に進むと言われています。

ただし、業歴は長ければそれでいいというワケではありません。

ローン会社が業歴を知りたいのは、お金の動きをシッカリと審査することで具体的に返済原資に充てる資金をどれぐらい捻出できるかどうかを調べるためです。

裏を返せば、業歴が1年でも、決算書や確定申告書からお金の動きを把握することができ、融資するリスクが低いと判断できれば、融資を受け付けてくれるはずです。

ビジネクストは開業資金として利用できない

 

ビジネクストを利用したい人の中には、独立起業の準備のため、いわゆる開業資金としてビジネクストを利用したいという方もいらっしゃるかも知れませんが、残念ながら開業資金としても使えません。

あくまでビジネクストの利用対象となるのは、一定以上の業歴がある経営者や自営業者であり、運転資金や設備資金などの資金調達を目的とするものに限られています。

ビジネクストは赤字決算でも大丈夫?

ビジネクスト公式サイト「よくあるご質問」より

ビジネクストの利点として決算内容だけで融資の可否を判断していないということがあります。

つまり、赤字決算でも融資を受けることが不可能ではないです。

ただし、個人向けカードローンとは異なり、事業性を目的とする法人カードローン(ビジネスローン)は大口融資となる可能性が高いため、ビジネクストに限らず、決算書の提出を必須とするところがほとんどです。

また、黒字決済と比較すると限度額設定を少し低めにされたりすることは十分考えられます。

ビズネクストには、融資を受けられるかどうかを申込前にシミュレーションしてくれる、スピード診断という機能があります。

代表者年齢、事業形態、年間売り上げ金額、他社借入金額を入力して、審査のシミュレーションをします。

このとき、このシミュレーターで年間売り上げ金額を999万円にすると、

スピード診断年間売り上げ999万

上記のように、「お借入れの判断が出来ませんでした」と表示されます。

ところが、一万円アップの1000万円と入力すると、

スピード診断年間売り上げ1000万

「ご融資検討が可能です」と表示されます。

年間売り上げだけが審査の基準とは言えませんが、年間売り上げ1000万円はひとつの目安になりそうです。

選べるカードローン/ビジネスローンの2商品

ビジネクストではカードローン形式とビジネスローン形式の2つのパターンから選択することができます。

いずれもサービスの目的は事業資金の融資として同じですが、違いとして融資額、返済方式・回数など細かい違いがあります。

利用前に違いを認識しておけば、あとでコチラにしておけば良かったなどの後悔はなくなります。

  カードローン ビジネスローン
融資額 1万円~1,000万円
※新規取引時は上限500万円
50万円~1,000万円
返済年数・回数 最長5年・60回以内 元利均等返済:最長5年・60回以内
元金一括返済:最長1年・12回以内

当サイトでのオススメは「カードローン」の方です。

ビジネスローンでは返済専用であり、ゆとり資金での繰り上げ返済にも手続きが必要になります。

また、カードローンであれば限度額いっぱいまで繰り返し融資を受けられるメリットがあります。

細かいところでは限度額が1万円~となっており、個人事業主などの小規模事業者であれば大口融資というよりは小まめな借入が出来るほうが利便性も高まります。

ただ、返済計画をキチンと立てておかなければ使いすぎるというデメリットもあるので注意が必要です。

まとまった法人などであれば設備資金としての大口融資が必要な場合も十分考えられます。

そのような時は、ビジネスローンで借入後は返済にのみ注力するというのも余分な借入を減らすことができるので良いでしょう。

カードローンで最大限度額が1000万円というのも、他社と比較すると高価で非常に魅力的です(例:オリックスVIPローンカードBUSINESS:最高500万円、プロミス自営者カードローン:最高300万円)。

ビジネクストが使える提携ATM

カードローンタイプは、ローンカードを使ってコンビニなどから必要に応じて借入・返済を気軽にできる特徴があります。

ビジネクスト提携ATM

ビジネクストの提携ATMと利用可能時間は以下の通りです。

・セブン銀行
・東京スター銀行※借入のみ
・アイフル提携ATM
セブン銀行 利用可能
時間
平日 7:00~23:00 手数料(1万円以下) 100円+税
土日祝 7:00~23:00 手数料(1万円超) 200円+税
東京スター
銀行
利用可能
時間
平日土日祝 24時間 手数料
平日 8:45~18:00
土曜 9:00~14:00
無料
毎月第2・4月曜
6:15~24:15
1月1日~3日
8:00~21:00
上記以外 100円+税
アイフル 利用可能
時間
7:00~23:00 手数料 無料

来店不要で契約できるオンライン申し込み

ビジネクスト公式サイト

ビジネクストの申し込みにかかる時間はわずか3分ほどです。

トップから「オンラインでお申し込み」をクリックし、申込に必要な情報を入力していきましょう。

ビジネクスト申し込みその1

まずは、お申込内容の確認です。

カードローンまたはビジネスローンを申し込む場合は、事業者ローンにチェックを入れ、運転資金なのか設備資金なのか、資金使途を選択してください。

ビジネクスト申し込みその2

続いて、申込者情報の入力です。

事業形態、名前(フリガナ自動)、生年月日、性別、住所を入力してください。

事業形態で誤って給与所得者にチェックを入れてしまうと、アイフルの紹介ページに飛ぶので注意してください。

ビジネクスト申し込みその3

つづいて連絡先を入力しましょう。

個人の電話番号、会社の電話番号、会社FAX、希望連絡先、Eメールアドレスを入力してください。

審査結果は必ず電話で伝えられますので、希望連絡先は自身が確実に出られる電話番号にチェックを入れておきましょう。

ビジネクスト申し込みその4

最後は経営会社情報の入力です。

会社名、フリガナ、会社所在地、登記上住所、創業/設立、年商、税込年収、自己(自社)所有不動産、アンケートを入力してください。

ビジネクスト申し込みその5

全ての情報入力が完了すれば、個人情報取扱規約第1条、第2条、第3条、第6条に同意の上、申し込むボタンを押して申し込みを完了させましょう。

申込後の流れ

ビジネクストの申し込み方法は、電話や店舗へ来店しての手続きも可能ですが、主要なのは来店不要のインターネットでのオンライン申し込みとなります。

ビジネクスト融資までの流れ

ただ、慌てて誤字・脱字があっては審査にも影響がでるので一つ一つ確認しながら入力するように心がけましょう。

また、オンライン申し込みではEメールアドレスが必須となるので、もしアドレスがない場合、コールセンター(00777-073)に電話で問い合わせする手間が発生することになる点には注意が必要です。

また、申込完了後は仮審査があり、審査結果を担当者から告げられることとなります。

仮審査の後、本審査をパスすれば、無事に借り入れる準備完了です。

ビジネクストなら資金調達の不安を今すぐ安心に変えられる

ビジネクストは平成13年(2001年)に設立された若いローン会社と言えます。

しかし、ビジネクストは貸付実績が豊富なアイフルグループのノウハウを引き継いでおり、審査基準の高い銀行や日本政策金融公庫からの融資を断られた中小企業や個人事業主を中心にサポート。

コツコツ積み上げたビジネクストの契約実績は累計10万口座以上にもなります。

それだけ多くの事業者に信頼されてきた証と言えます。

また、時間のかかるイメージのある事業融資も、ビジネクストなら必要書類を提出してから3~4日程度の営業日で融資を受けることができます。

急ぎで事業融資を受けたい場合は、調達方法の一つとしてビジネクストを候補に入れておきましょう。

ビジネクスト(カードローン)の基本情報

カード名 ビジネクスト(カードローン)
利用条件 ・法人または個人事業主
・お申込時年齢 満20歳~満69歳まで
必要書類 ・法人のお客様
代表者ご本人様を確認する書類、登記事項証明書(商業登記簿謄本)、決算書原則2期分 等
・個人事業主のお客様
ご本人様を確認する書類、確定申告書原則2年分 等
審査時間 最短即日(仮審査)
限度額 1万円~1,000万円
※新規取引時は上限500万円
実質年率 8.0%~15.0%(利用限度額100万円以上)
13.0%~18.0%(利用限度額100万円未満)
遅延損害金 20.0%
担保・保証人 不要
手数料 不要
借入方法 ATM・銀行振込
返済方法 ATM・銀行振込・口座振替
返済方式 元金定率リボルビング返済
発行元 ビジネクスト株式会社
このエントリーをはてなブックマークに追加