2019/08/19

ビジネクストビジネクストは最短即日審査回答と最短即日融資をうたうビジネスローンです。

しかし、公式サイトに書かれていることは、あくまでも”最短”の時間ですから、申し込んだすべての人がその日のうちに借りられるというわけではありません。

特に事業資金の借入となれば、個人のカードローンと比較しても審査に慎重になるのは当然です。

では、本当のところビジネクストの審査にはどれだけの時間がかかるのでしょうか。

ビジネクストの審査回答までの時間

「ビジネクストの審査はどのくらいの時間がかかるか不安」

資金調達にお悩みの方でこのように考える経営者の方も多いかと思います。

ビジネクストは、事業者向けビジネスローンの中でも、審査にかかる時間が短い融資だと言われています。

ここではビジネクストの審査にどのくらいの審査時間が必要なのか解説します。

最短即日だがその日の内に回答がない場合もある

ビジネクストは、最短即日融資をうたっているものの、その日の内に回答がない場合も少なからずあります。

価格.comの口コミなどを調べていみると、2〜3日程度かかったという人は多いようです。

「今日この日の内にお金が欲しい」

そう不安な方の場合、ビジネクストで審査を申し込んでも希望通りに行かない可能性があります。

銀行融資や公的融資と比較すると融資スピードが早い

  平均審査時間
ビジネクスト 2日~3日
公的融資 3週間程度
銀行融資 2週間~4週間程度

とはいえ、銀行の事業者向けローンや公的融資では審査に2週間以上かかることも多いため、そちらと比較すると審査に時間がかからない融資であることは間違いありません。

急ぎの融資が必要で、銀行融資や公的融資は待てないという場合にビジネクストの利用がおすすめです。

 

即日回答が欲しい人の選択肢

「お金に困っているから、即日で回答が欲しい」

そのような場合、ビジネクストは確実に即日で返事が来るわけではないため、違うところで融資を受けなければいけません。

「でもどこに申し込めばよいのかわからない」

という人も多いですよね。

即日回答が欲しいなら、法人の場合はオリックスVIPローンカード、個人事業主ならプロミス自営者カードローンがおすすめです。

オリックスVIPローンカードBUSINESS

オリックスVIPローンカードBUSINESSオリックスVIPローンカードBUSINESSは、最短60分で審査を完了できると公式サイトで明言されています。

ビジネスローンでありながら、資金の用途に制限がないということが特徴です。

銀行のカードローンなどでは、生活費の範囲内でしか利用できず、資金の使い道が限られているケースも珍しくありません。

オリックスVIPローンカードBUSINESSは、用途を決めずに使えるため、融資で得られるお金に自由さを求める人におすすめです。

プロミス自営者カードローン

プロミス自営者カードは、公式サイトで、最短30分で審査が完了すると明言されており、総量規制の対象外であることが特徴です。

総量規制とは、借入額の制限のことで、年収の1/3以上の金額の借り入れを許可しないという貸金業法のルールです。

 

事業性資金として利用できるプロミス自営者カードは、このようなルールの対象外になります。

また、オリックスVIPローンカードBUSINESSと同様、事業用でもプライベートでも利用できます。

ただし、法人代表者では利用できないので注意してください。

融資のスピードが早いプロミス自営者カードは、個人事業主におすすめできる融資です。

審査受付時間

ここではビジネクストで審査を受け付けている時間、審査を行なっている時間について紹介します。

ビジネクストが審査を行なっている時間は、平日9:30~18:00までです。

土日には審査が行われていないため、土日を挟んでしまうと、その分だけ審査にかかる時間が長くなってしまいます。

申込方法 申込時間
WEB申込 365日24時間
電話・FAX 平日9:30~18:00

ビジネクストの申込時間をまとめてみました。

以上の時間から、即日または急ぎで融資を受けたい場合には、平日でかつ土日や祝日を挟まないタイミングで融資を申し込むのがベターでしょう。

土日に借入したいなら

「土日に即日融資を受けたい場合にはどうしたらいいの」

そんな方もいますよね。

そんな場合には、個人向けカードローンで生活資金として融資を申し込みましょう。

この場合、借りたお金自体を事業資金としては利用できませんが、生活資金になるはずだったお金を事業資金として使い、借りたお金を生活資金に回すことで資金繰りできます。

即日融資ならプロミス

即日融資であれば、プロミスの個人向けカードローンがおすすめです。

最短30分審査回答に加えて、「瞬フリ」という最短10秒の振込キャッシングが利用可能だからです。

「瞬フリ」はモアタイムに対応した全国504の銀行口座で10秒キャッシングが可能。三井住友銀行や三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行の口座も対応しています。

プロミスの審査について口コミを調査したところ、2時間以内に審査回答が得られたという人が93%という結果になりました(※価格.comの口コミを320件調査し具体的な数字がかかれた100件の口コミの統計)。

当日の審査受付が終了する21時から逆算して、19時までに申込めば即日融資が受けられる可能性が高まります。

また、個人事業主なら個人向けローンでも事業性資金として利用することができますよ。

 

ビジネクストの審査とは

「ビジネクストではどんな審査が行われるのか知りたい」

そんな方も多いですよね。

ビジネクストでの審査の特徴を挙げると以下のものがあります。

・赤字決算でも審査してくれる
・設立1年の企業でも審査対応

赤字決算でも審査してくれる

ビジネクストの特徴は、赤字決算でも審査をしてくれるということです。

そのほかの事業者向けローンであれば、赤字でも審査が通るとは書いてありませんが、ビジネクストの審査では、赤字決算でも審査に通る可能性があります。

上記のとおり、「過去の財務内容だけでなく現状のご商売に鑑み融資実行の可能性を検討してまいります」と、公式HPのFAQにも記載されています。

ただし、現状の状態で会社を維持することが難しいと判断されれば、当然審査には通りませんが、赤字でも収益を出せる根拠が示せるなら、審査に通る可能性は十分にありますよ。

 

設立1年の企業でも審査対応

ビジネクストでは開業歴が浅い場合でも審査対応が可能です。

この場合には、決算書や確定申告書類を提出することで、審査の対象になります。

ただし、開業資金での融資は認められていないため、開業資金が必要な場合には違う手段を考えなければいけません。

ビジネクストの審査時間は早い?

「結局ビジネクストの審査時間は、ほかの審査と比べてどうなの?」

そう気になる人もいますよね。

ここでは、ビジネクストの審査時間を以下の点から解説します。

・銀行融資や公的融資と比較すると早い
・消費者金融の中では審査が遅め

 

銀行融資・公的融資と比較すると早い

ビジネクストは、銀行融資や公的融資と比べると、審査が早いと言えるでしょう。

ビジネクストでの審査は最短で即日ですが、2〜3日かかったというケースが多いようです。

一方で銀行融資や公的融資の場合には、審査に2週間、場合によっては2ヶ月を超えてしまうケースもあります。

こうした観点から考えると、ビジネクストは審査にかかる時間が短いというのがメリットです。

その分金利が高くなってしまうというのはデメリットだと言えますが、急ぎで融資を受けたい人には融資までの時間が短いメリットの方が、金利が低いメリットよりも大きいと言えるでしょう。

 

また審査基準が公表されていないため、断定はできませんが、金利が高い分、銀行融資よりも審査に通りやすいと言われています。

銀行融資では金利を低く設定しているため、万が一貸倒が起きてしまえば大きな損失です。

逆に金利を高く設定しておけば、万が一貸倒が起きても、利息収入で穴埋めしすくなりますよね。

銀行審査が通らない場合の融資の選択肢としても有効です。

ノンバンクの中では審査が遅め

ビジネクストのデメリットは、消費者金融の中でも審査が遅めの傾向にあります。

ビジネクストは、最短で即日融資が可能としていますが、審査に時間がかかるケースが多く2〜3日かかることも珍しくありません。

一方で、ノンバンク系ビジネスローンの中では最短60分審査、即日融資が可能なところも少なからずあります。

「今日今すぐ借りられるお金が欲しい」という方にはあまり向いていないローンだと言えるでしょう。

ビジネクストの審査が長くなるのはどんな場合

ビジネクストの審査が長くなるのはどのような場合なのか、ここでは見ていきましょう。

具体的には以下のような場合に審査が長くなります。

・返済能力や信用力に不安がある場合
・融資金額が大きい場合
・繁忙期と重なっている場合

 

返済能力や信用力に不安がある場合

返済能力や信用力に不安がある場合、審査が長くなってしまう傾向にあります。

具体的には以下のケースが該当するでしょう。

・赤字決算の場合
・クレジットカードの支払い情報に傷がある場合
・事業を開設して1年未満の場合
・信用情報に傷がある場合

たとえ、即審査落ちにつながらない軽いものであっても、このような条件がある場合には、審査が時間をかけて行われる傾向にあります。

特に、会社ではなく申し込んだ代表者個人の信用情報に傷がある場合は要注意です。

融資金額が大きい場合

どんなローンにも言えることですが、申込金額が大きいほど、審査に時間がかかる傾向にあります。

なぜなら、金額が増えるほど、ビジネクスト側の貸し倒れリスクが高まるからです。

また50万円以上の融資を希望する場合には、収入証明書類の提出を求められるなど、必要書類の確認にも時間が取られるようになります。

 

繁忙期と重なっている場合

ビジネクストの繁忙期と重なっている場合、審査に時間がかかってしまいます。

繁忙期になる時期としては以下の例が挙げられます。

・キャンペーン期間中
・連休前後
・3月

これらの時期は、消費者金融全体の需要が高まるため、審査に時間がかかる傾向にあります。

これとは逆に閑散期に申し込むと、審査が短くなる傾向にあります。

具体的には年末年始の12月、1月です。

審査にかかる時間を短くしたいなら、このタイミングで申し込むのがおすすめです。

まとめ

ビジネクストの審査回答は”最短”即日です。

しかし、融資が実行されるまでは郵送による契約書の送付が必要になるため、地域や申込時間によって、その日のうちに借入るのは難しいかも知れません。

それでも、公的融資や銀行融資と比較するとスピード感のある対応に期待できます。

借入限度額1,000万円で下限金利も年3.1(カードローンなら年5.0%)と、長く付き合っていくのに適したビジネスローンであることは間違いないでしょう。

関連記事