資金繰りのお悩みはビジネスローンで解決

ビズローンは、中小企業経営者や個人事業主、フリーランスの方に、最適な資金調達の方法をお届けするためのサイトです。

事業を経営していると、様々な場面で資金調達の必要が出てきます。

例えば、事業を拡大したいときや新規事業を立ち上げたいとき、あるいは取引先から売上金が振り込まれるまでの運転資金として資金が必要というときもあります。

事業資金が必要な場面に応じて、最適な調達方法を使い分けができる

これは、経営者に必要な能力のひとつと言えるのではないでしょうか。

そして最も重要視していただきたいのが、資金繰りに悩んだ時の資金調達方法です。

資金繰りのお悩みはビジネスローンで解決

カードを手に入れた

経営者には主に3つの資金調達方法があります。

・政府系金融機関(日本政策金融公庫)
・銀行融資
・ノンバンク系ビジネスローン

この中でメインとなるのは、日本政策金融公庫などの政府系金融機関か銀行融資でしょう。

しかし、どちらも企業が資金繰りに余裕があるときは融資に積極的ですが、資金繰りに窮したときは融資に消極的になります。

また資金に余裕がある経営者は、融資実行まで多くの時間がかかろうとどっしりと構えていられますが、資金繰りに悩み、今すぐ資金が必要な経営者はそうは言っていられません。

担保や保証人を必要とし、審査時間が長い方法では間に合わない、そんな今すぐ資金調達が必要な時に助けとなるのがビジネスローンです。

ビジネスローンとは

ビジネスローンとは、事業性のある目的に対して利用できる金融商材の総称です。

もともとは銀行がプロパー融資の受けられない中小企業や個人事業主のために始めたのですが、現在は消費者金融などのノンバンクが提供する事業性融資という認識が一般的です。

ビジネスローンの申込条件

ビジネスローンに申し込めるのは20歳以上69歳までの事業経営者あるいは個人事業主です。

オリックスVIPローンカードBUSINESSなど、なかにはプライベートな資金として利用できるものもありますが、基本的には事業資金の調達に限られています。

証書貸付方式とカードローン方式

ビジネスローンには証書貸付方式とカードローン方式の2種類があります。

証書貸付方式は、融資の度に申込・審査が必要なのに対し、カードローン方式は申し込みの審査が通過すれば、ローンカードを使って限度額まで繰り返し借り入れができる方法となります。

ビジネスローンの必要書類

ビジネスローン申込時の必要書類は、法人と個人事業主で異なります。

必要書類
法人 個人
・本人確認書類
・決算書(原則2期分)
・登記事項証明書
・本人確認書類
・事業関連報告書
・収入証明書類

 法人が用意する決算書とは次の3つの書類をさします。

・賃借対照表
・損益計算書
・キャッシュフロー

個人事業主が用意する収入証明としては、確定申告書がベストでしょう。

内訳を見れば収入だけでなく、売上と経費などもわかるため、証明書類に適しています。

ビジネスローンのメリット

ビジネスローンの利用には6つのメリットがあります。

・総量規制の対象外
・審査が甘い
・カードローン方式なら限度額まで繰り返し融資が受けられる
・無担保無保証人で融資が受けられる
・赤字決済でも融資が受けられる
・申し込みから最短即日で融資が受けられる

 メリット①総量規制の対象外

個人向け貸付けは、年収の3分の1までしか借り入れることができないという総量規制が設けられています。

ビジネスローンは法人向け貸付けにあたるので、総量規制の対象外になり年収の3分の1以上の金額を借り入れることができます。

これは、個人事業主がビジネスローンに申し込んだ場合も同じですので、ご安心ください。

メリット②審査が甘い

銀行融資と比較すると、審査基準が甘いとされているのがビジネスローンです。

融資になぜ審査が必要かというと、融資したお金が戻って来ないリスクをなくすためです。

銀行は低金利で高額な融資を行うので、もし貸倒れられた場合のリスクが大きくなり、審査を慎重に行います。

一方、ビジネスローンは高金利で少額の融資を行うので、万が一貸し倒れられた場合も利息収入から融資した分の金額を回収できる可能性が高くなります。

そのため、銀行融資と比べると甘い審査基準になっているのです。

ただし、融資の審査に絶対はありません。

返済能力がないと判断されれば、ビジネスローンでも審査を通過できない可能性があることはお忘れなく。

メリット③カードローン方式なら限度額まで繰り返し融資が受けられる

ATM

カードローン方式で申し込みすでにローンカードを持っているなら、緊急時のつなぎ融資が必要なその時に融資の申し込みをしなくても、コンビニのATMから資金調達をすることが可能です。

カードローン方式のビジネスローンを法人カードローンとも言います。

通常の銀行カードローンとの違いは下記のページで解説しています。

余裕のある時にローンカードを取得する方法も

審査通過の可能性が高いとき、つまり資金繰りに余裕があるときに法人カードローンに申し込んでおくのも得策です。

そうしておけば、いざ資金繰りに窮したときでも審査なしで借り入れすることができるようにいなります。

所持していても、利用しなければ一切費用は発生しないので、転ばぬ先の杖として重宝します。

メリット④無担保無保証人で融資が受けられる

高額な事業資金を低金利で借り入れる場合、銀行融資では、融資した金額の返済を担保するための不動産や、連帯保証人が必要になる場合があります。

ノンバンク系のビジネスローンであれば、融資を受けるために担保や保証人を用意する必要もありません

メリット⑤赤字決算でも融資が受けられる

銀行融資であれば、赤字決算の企業に融資をしてくれることはほとんどありません。

現状支払能力のない企業だと判断されてしまうからです。

一方、ビジネスローンの審査で重要視されるのは、これまでの実績以上に今後の事業の継続性です。

そのため、ビジネスローンであれば決算が赤字だったとしても融資をしてくれる可能性が高いのです。

 ビジネクストなら赤字決算でも審査受付

ビジネクストは赤字決算でも融資申込可能

アイフルのグループ会社ビジネクストのビジネスローンは、赤字決算でも融資が受けられる可能性があることを公式HP上に掲載しています(上記画像参照)。

しかも、よくある質問というページの一番上に掲載されているので、赤字決算の方でも申し込んでもらいたいという前向きな姿勢がうかがえます。

そもそもビジネクストの融資は少額な融資がメインとなるため、事業が赤字だったとしても、代表者に返済能力があると審査で判断されれば、赤字決算でも融資が受けられる可能性が高いと覚えておいてください。

赤字決算のときこそあきらめてはいけません

ビジネクスト公式サイト

赤字決算だからと言って、融資を諦める必要はありません。

赤字決算だと審査が通りにくいという話を聞いて不安になられる気持ちはわかりますが、実際に審査に申し込んでみなければ、審査に通るか通らないかはわからないのです。

緊急時にもかかわらず、赤字決算を理由に銀行から融資を断られてしまった。

そんなときはビジネクストに申し込んで、資金調達の可能性をつないでいきましょう。

メリット⑥申込から最短即日で融資が受けられる

銀行融資では申し込んだその日に融資が実行されることはありませんが、審査にスコアリングシステムを利用している大手のビジネスローン会社を利用すれば、最短即日で融資を受けることが可能です。

スコアリングシステムは、コンピュータに決算書などのデータを入力し、過去に融資した類似企業の貸倒率などから融資可能かどうかを判断するシステム。

素人でも情報の入力ができれば審査結果がわかるため、最短60分で審査結果がわかるビジネスローンもあるくらいです。

即日融資の方法

即日融資を受けるための方法は3つ。

・午前8時30分までに申し込む
・必要書類を事前に準備しておく
・オリックスVIPローンカードBUSINESSにネットから申し込む

午前8時30分までに申し込む

ほとんどのビジネスローン会社の電話問い合わせは午前9時から始まります。

即日融資を受けるためには、審査が込み合う時間を避けて申し込みをする必要があるので、朝の8時30分までには申し込みを完了させておきましょう。

必要書類を事前に準備しておく

必要書類の事前準備もかかせませんが、中には取得に時間がかかってしまう書類もあるので今すぐ手元に用意するのが難しい場合もあります。

そこで、おすすめしたいのがオリックスVIPローンカードBUSINESSです。

オリックスVIPローンカードBUSINESSにネットから申し込む

オリックスVIPローンカードBUSINESS公式サイトオリックスVIPローンカードBUSINESSは、必要書類が本人確認書類と収入証明書類のみなので、すぐに必要書類を集めることができます。

最短60分で審査回答、必要書類も撮影した写真をアップロードするだけなのでカンタンに申し込む可能。

午前8時30分までに、必要書類を用意して、オリックスVIPローンカードBUSINESSに申し込んでみましょう。

一斉に申し込むのは絶対NG

今すぐ事業資金が欲しいとはいえ、いろんなビジネスローンに一斉に申し込むのは絶対にやめてください

ビジネスローン申込時は、ビジネスローンに申し込んだことが信用情報機関に登録されるため、一度に多くのビジネスローンに申し込んだことがビジネスローン会社に発覚してしまします。

審査結果がわかってから、次のビジネスローンに申し込むようにしましょう。

金利の高さがデメリット

メリットの多いビジネスローンですが、気をつけなければいけないのが金利の高さです。

金利相場の比較(2018年時点)
政府系金融機関 銀行の事業融資 ビジネスローン
0.30%~2.85% 2.125%~9.0% 6.0%~18.0%

このように3つの資金調達方法を比較すると、最も金利が高いのがビジネスローンになります。

申込の窓口を広くし、他よりも審査基準を甘く設定しているため、貸倒れリスクを抑えるために高金利の融資になってしまうというデメリットがあります。

利息負担を減らすためには少額・短期利用を徹底すること

少額・短期の利用を徹底することで、金利の高いビジネスローンを賢く利用しましょう。

例えば、10日後に売上が入るまでのつなぎ融資として、100万円を年利17.8%で借り入れたとします。

10日後に売上が入り100万円を一括返済したときの利息負担はこのようになります。

100万円×17.8%÷365×10=4877円
(※概算。別途手数料がかかる場合もあり)

約5000円で会社存続の危機を乗り越えられると思えば安い金額ではないでしょうか。

このように少額・短期を徹底することで、ビジネスローンは大きな力を発揮するのです。

返済実績を積めば金利の引き下げも可能

ビジネスローンの金利は貸倒れリスクを減らすための高金利ですので、返済能力があると認められれば金利をさげてもらうことができます。

少額の利用で返済実績を積んでいき、いざ緊急で大きな資金調達が必要になった場合でも頼れるように育てておくのも、賢くビジネスローンを利用する方法です。

おすすめビジネスローン

少額融資はカードローン

ビズローンがおすすめするビジネスローンは2つあります。

☆融資限度額No.1!ビジネクストカードローン
☆審査スピードNo.1!オリックスVIPローンカードBUSINESS

どちらもその他にはないナンバーワンの魅力を持った、カードローンタイプのビジネスローンです。

ビジネクスト

ビジネクストビジネクストは大手消費者金融会社のアイフルのグループ企業として2001年に誕生しました。

アイフルのもつ個人融資のノウハウを駆使して、誕生から20年弱で10万口座以上を開設。経営者から圧倒的な支持を得ているビジネスローンです。

もともとアイフル自体も、2010年の改正貸金業法で企業存続の危機に立たされたことがあります。

他の大手消費者金融が銀行傘下に入る中、民事再生などで単独経営を続け見事に復活。その経緯から、経営者の資金繰りの悩みに一番親身になってくれる消費者金融と言えるのではないでしょうか。

ビジネクストは融資限度額がNo.1

ビジネスローン融資限度額の比較
ビジネクスト オリックスVIPローンカードBUSINESS プロミス自営者カードローン クレストフォービズ ビジネスパートナー
1000万円 500万円 300万円 300万円 500万円

主なビジネスローンの融資限度額を比較するとこのようになります。

ビジネクストだけ桁違いの1000万円。もちろん無担保無保証人で借り入れできますので、緊急時の資金調達にこれほど頼もしいものはありません。

ただし、初回申込の際は最大で500万円までとなります。

利用を重ねれば、限度額の増額や金利引き下げの要求が可能になるので、少額・短期利用で返済実績を積んでおきましょう。

オリックスVIPローンカードBUSINESS

オリックスVIPローンカードBUSINESSオリックスという企業名を聞いたことがない人はいないでしょう。

オリックスVIPローンカードBUSINESSは、オリックス株式会社のグループ会社であるオリックス・クレジット株式会社が提供するカードローンタイプのビジネスローンです。

大手企業のグループ会社が運営しているので、安心して利用できます。

オリックス株式会社の井上亮代表は、トップメッセージで「オリックスの存在意義は、金融やサービスを通じて新しいマーケットを創り出し、経済に活力をもたらすこと、社会に貢献することであると考えております」と語っています(オリックス株式会社より)。

資金が必要な経営者に融資をして社会に貢献することは、オリックスグループの存在意義でもあるのです。

オリックスVIPローンカードBUSINESSは審査スピードNo.1

ビジネスローン審査スピードの比較
ビジネクスト オリックスVIPローンカードBUSINESS プロミス自営者カードローン クレストフォービズ ビジネスパートナー
最短即日 最短60分 2~3時間 1週間程度 最短即日

主なビジネスローンの審査スピードを比較するとこのようになります。

最短即日を打ち出しているビジネスローンは他にもありますが、オリックスVIPローンカードBUSINESSは即日なだけでなく最短60分を打ち出しています。

最短が60分なので、すべての審査が60分で終わるわけではありませんが、あえて即日ではなく60分を謳っているということは、審査スピードに相当な自信があるということです。

審査のスピードが早いということは、融資のスピードも速いということなので、すぐにでも資金を調達したいという方はオリックスVIPローンカードBUSINESSに申し込んでみましょう。

まとめ:ビジネスローンで資金繰りの不安を安心に

ビジネスローンは資金繰りに悩んだ時にこそ活躍してくれる資金調達方法です。

銀行融資や日本政策金融公庫に比べると金利が高く、マイナスなイメージを持っている方もいるかもしれませんが、少額・短期で利用することを徹底すれば、資金繰りの不安を安心に変えてくれる力強い味方です。

ビズローンでは、ビジネスローン以外にも様々な資金調達の方法、中小企業経営者や個人事業主に役立つ情報をお届けしています。

このサイトで、事業資金が必要な場面に応じて、最適な調達方法を使い分ける力を身につけていただければ幸いです。

最近の投稿